> > 親の同意で利用できる!学生がバンクイックを利用する方法

親の同意で利用できる!学生がバンクイックを利用する方法

日頃の付き合いや学習に、学生の方も何かとお金が必要です。アルバイトをしていても月によって収入もまちまちで「今月だけちょっとお金を借りたい…」という場合もあるでしょう。

そんな時に思い浮かぶのがカードローンですが、社会人と違って何かと不利な条件の学生が審査に通過するにはいくつか条件があります。

今回は三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」において、学生が利用するときの注意点について説明します。

学生でも利用できる!バンクイックの利用条件

バンクイックは利用に年齢制限があるものの、学生に関しては全く利用できないことはなく、学生でも年齢基準を満たしていれば利用できます。

バンクイックの年齢制限は20歳以上65歳未満となっているので、例えば大学生の場合なら、2年生の途中から利用できることになります。

学生がバンクイックを利用するときは、親の同意が必要になり、主婦の人と同様に、バンクイック利用者の例外身分に当てはまります。

主婦や学生はアルバイトなどをしていなくても申し込みが可能で、主婦の場合は配偶者の同意が必要で、学生なら親の同意を得ることになります。

同意を得ることができても、学生の場合は一般の利用者とは違って借り入れに条件があり、10万円までなら借り入れができます。

20歳から利用できる!バンクイックの年齢制限

バンクイックは20歳以上65歳未満の人が利用できますが、どうしてこのような年齢制限となっているのでしょうか。

バンクイックに限らず、どんな融資においても年齢制限はつきもので、年齢による返済能力の有無や、利用者の身体の状態を踏まえた条件となっています。

  • 20歳未満なら責任能力がないとみなされ、返済能力もないと考えられる
  • 65歳以上なら定年退職のほかに、疾病のリスクも考えられる

未成年に対しては、責任能力のなさから貸し付ける側にとって大きなリスクとなるので、返済もキャンセルされることがあります。

高齢者の場合は、退職して収入がなくなること、病気や死亡によって返済できなくなることが多いので、年齢に上限が設定されています。

利用できるのは成年であることが最低条件なので、学生でもし未成年であれば、20歳になるまで待たなければなりません。

収入がある場合はどうなる?バンクイックとアルバイトの関係

学生の中には、アルバイトをして生計を立てている人もいますが、もしそういう人がバンクイックを利用するときは、どういった方法になるのでしょうか。

バンクイックはアルバイトをしていなくても、学生は親の同意があれば利用できますが、もし収入がある場合は次のことが考えられます。

学生でアルバイトをしていれば、親に知られたくないのであれば、学生ではなくフリーターとして申し込むこともできます。

バンクイックはフリーターやパートの人でも融資しているため、もしそのような場合で申し込んだときは、10万円以上の融資が受けられる場合があります。

お金に困っていてバンクイックを利用したい、けど親には内緒にしたい、そういう人はまずアルバイトをして、そこから申し込んだらいいのではないでしょうか。

学生専用ローンとの違いは?バンクイックの特長

カードローンはアルバイトをしている学生の融資は行っていても、アルバイトをしていない学生の申し込みをしていないところが多いです。

そういう人なら学生専用ローンを利用することになりますが、学生でも利用できるバンクイックとは、どんな違いがあるのでしょうか。

特長 学生専用ローン バンクイック
年利 大体16.8% 14.8%
返済方法 来店・振り込み ATM・自動支払い・振り込み
借入限度額 50万円 10万円(学生の場合)
借入方法 利用するたびに振込融資 カードで借り入れ

借入方法と返済方法に違いがあり、利用のしやすさではバンクイックの方が、親の同意が必要でも利用しやすいと考えられます。

学生専用ローンの中には、親に内緒で利用できるところがありますが、学生が借入をするので、その辺は親が把握しておく必要があるでしょう。

どんな審査をするのか?バンクイックの申し込み方法

バンクイックは学生でも利用できますが、年齢が20歳以上から利用できるので、学生でもその年齢を満たさないと利用できません。

バンクイックに申し込む方法は、インターネット・テレビ窓口・電話・郵送などがあり、インターネットから申し込むと、約30分で完了します。

インターネットならスマートフォンから利用できるので、利用しやすいですが、カードは郵送されるので、その辺は理解しましょう。

急いでいる場合はテレビ窓口から申し込むのがおすすめで、そこで申し込んで、契約やカード発行をしていきます。

テレビ窓口は、誰にも知られたくないという利用者のためにあるといってもいいもので、最短40分でカードが発行されます。

テレビ窓口は三菱UFJ銀行の店舗内に設置されているので、学生でも利用しやすいのではないでしょうか。

本人確認書類のほかに、学生なら親の同意を得るために同意書が必要になるので、あらかじめ用意しておきましょう。

バンクイックは保証人が不要で利用できますが、学生の場合は親の同意が必要になるので、忘れないことが大事です。

審査では申し込み内容に虚偽がないことと親の同意の有無が確かめられるので、申し込み内容に不備がないようにしましょう。

【関連記事】
親に内緒でバンクイックを借りたい学生は安定収入が前提!

学生だから気を付けておきたい!バンクイック利用の注意点

バンクイックは、アルバイトをしていない学生でも利用できるのが特長ですが、その点について注意しなければなりません。

学生が利用するわけですので、カードローンを利用するに当たっては、注意しなければならないことがあり、将来について考えなければなりません。

学生であれば生活費や学習費などでお金が必要になりますが、そのためにカードローンを使いすぎないようにしなければなりません。

学生のうちから借金をしすぎないようにしなければならず、返済計画をよく考えて利用し、また親もわが子の利用状況を把握することも重要になります。

利用するときは計画的に行い、最大10万円の中で毎月きちんと返済し、計画的な借り入れをすることで、優良顧客と認められます。

学生のうちから借入と返済がきちんとできていれば、社会に出たときに大きな信用情報となるので、後に様々なローンを利用するのに役立ちます。

学生らしく生活することが大事で、お金が必要になったときは、限度額の範囲内で必要な分を利用するようにしましょう。

借入をしたら、できるだけ早く完済するようにし、借りることに慣れてしまわないようにすることが、学生の時に注意するポイントです。

バンクイックは学生も利用できて便利ですが、学生の場合は特に利用は計画的に、必要な分だけ、返済は遅延なく、借りることになれないことが大事です。

新着記事
TOPICS