> > 親に内緒でバンクイックを借りたい学生は安定収入が前提!

親に内緒でバンクイックを借りたい学生は安定収入が前提!

カードローンによっては申込条件で学生を排除している場合が有りますが、バンクイックでは特に学生を排除するような条件は入っていません。ただし年齢制限が有るため、申込みができる学生と言うのは限られます。

バンクイックを利用する場合親にバレるとすれば、自宅への電話と郵送物が原因になると考えられ、これには申込確認電話やローンカードの送付が有ります。利用明細の送付などは別の方法で行いますからバンクイックでは心配はいりません。

ただし利用の前提には安定収入が要求されるため、利用出来る学生と言うのは長期にアルバイトを行って月々月給と言う形で収入を得ている必要が有ります。短期アルバイトでは安定性に問題が有り審査では評価されませんから注意が必要です。

バンクイックの申込条件では学生が駄目とは言っていない!

カードローンにはそれぞれ申込条件が決っていて、学生を受け付けていない場合も有りますし、特に特別扱いしていない場合も有ります。バンクイックも特に学生を排除するような申込条件は無く、申込もうと思えば学生でも申し込めます。

ただし、年齢制限が有ってどのカードローンでも同じですが、下限が20歳以上となっている為、学生と言っても申込みができない場合も有ります。例えば高校卒業後、大学に入学したから借りられると思ってもしばらくは借入はできないのです。

バンクイックの審査と言うのは比較的緩いと言われており、学生でも審査に通る可能性は比較的高いですが、最近になって銀行のカードローンの審査を厳しくしようという議論も出ており、今後厳しくなっていく可能性も有ります。

バンクイックの申込条件

カードローンを学生が申込めるか否かはそれぞれのカードローンの申込条件次第です。それぞれの申込条件を見てみると、例えば但し書きなどで学生を除くというような記述が入っていることがあり、その場合には申込みはできません。

そこでバンクイックの申込条件を見てみましょう。バンクイックの申込条件は次のようになっています。

申込みは次のすべての条件を満たす必要が有ります。

  • 20歳以上65歳未満
  • 日本国内に居住している
  • 保証会社の保証が受けられる
  • 原則安定収入が有る

ただし配偶者に収入が有れば申込み可
外国人の場合には永住許可が必要

となっており、特に学生への言及は有りません。

したがって学生であっても条件さえ満たしていれば申込むことが可能です。

【関連記事】
アルバイト・パートの方が「バンクイック」で借入する方法

ただし、学生と言っても留学生の場合には、永住許可は無いはずですから借入はできません。

年齢制限が有るためすべての学生が借りられる訳ではない

しかし学生だからと言う排除は無いものの、年齢制限には注意が必要です。バンクイックに限らず、カードローンの申込みには年齢制限が必ずあります。

しかも下限は20歳でほぼ統一されています。したがって、申込みは成人してからでないとできません。このため18歳で高校を卒業して大学や専門学校に入学した学生の場合には、まだバンクイックの申込みはできません。

こういった人は申込可能年齢に達するのは2年次のどこかということになります。

したがって学生でも申込めると言っても、一部の学生は年齢制限のために申込みはできません。該当する場合には融資の利用はその時点ではできず、年齢が達するまでしばらく待つ必要が有ります。

18歳の借入れの可能性
カードローンの場合には本文で説明した通り20歳以上でなければ申込みができない場合がほとんどです。このため18歳ということになると、カードローンでの借入はほぼ道が閉ざされていて、諦めざるを得ません。

ただしキャッシングという観点で見ればまったく道が閉ざされているわけではありません。それはクレジットカードのキャッシング機能です。クレジットカードなら学生向けも有りますし18歳でも親の同意が有れば作れます。

クレジットカードにはショッピング機能とともにキャッシング機能が付きますから、18歳であってもキャッシングの利用が可能になります。ただし、審査の結果によってはキャッシング機能が付かない場合も有るので注意が必要です。

バンクイックの審査は緩めだが今後の動向には注目が必要

申込みはできても、審査が厳しく事実上学生には利用できないというカードローンも無いとは言えませんが、バンクイックの場合には学生だからと言って差別も優遇も無く、社会人と比較して特段区別するようなことは有りません。

そして現時点ではバンクイックの審査は比較的緩めと言われており、そういう点で学生でも利用しやすいカードローンになっています。もちろん申込条件を満たしているという前提ですから、誰でもOKと言うわけではありません。

ただし、最近になって銀行のカードローンが返済の可能性が低いにもかかわらず融資しているものがあることが問題になって、審査を厳しくする方向で検討が進んでいます。このためバンクイックの審査もいつか厳しく見直されるかもしれません。

親にバンクイックの利用がバレる?どんな契機があるのか

学生の中にはカードローンの利用を親には知られたくないと考えている場合が結構あります。そういった時にバンクイックはバレないかと心配になりますが、バレるとすれば同居していて電話や郵送物が実家に来たときが危ないでしょう。

まず考えておかなければいけないのが申込時の電話とローンカードの送付です。電話は自宅などの連絡先と勤務先に行われます。

またローンカードの送付は通常書留などで送られてくるため、日中送られて来れば親が受け取る可能性が高くなります。知られたくなければそういった時の対策を考えなければなりません。

ただカードローンでは利用明細が月々送られてくるのが普通ですが、バンクイックの場合には、利用状況と言うのは別の方法で確認することになっているので、月々送付されるようなものは無くこの点は安心です。

申込時には電話が有る

バンクイックでは以前は学生の申込みには親の承諾が必要と言われましたが、現在バンクイックの説明書にはそういった事は明記されていません。従って年齢さえ満たしていれば親に知られることなく申込みは可能と考えられます。

そこで親バレを防ぐ方法について順を追って検討していくことにしましょう。

まず申込時に気にしておかなければならないのが三菱東京UFJ銀行から掛る電話です。電話には通常次の2種類が有ります。

  • 申込時に記入した連絡先への申込確認電話(通常自宅の固定電話)
  • 勤務先への在席確認電話

このうち親にバレる可能性が有るのが申込確認電話です。この電話は申込時に記入した連絡先に行われますが、多くの場合この番号は自宅の固定電話にしている場合が多くなります。

学生で親元を離れている場合には構いませんが、実家に同居している場合には、家族の誰かが電話を取る危険が有ります。

そうなってしまうと電話は三菱東京UFJ銀行を名乗りますから家族が出た場合、どういう内容の電話なのかを問い詰められることになるでしょう。

そこでこういった危険を避けるために、連絡先を自宅の固定電話ではなくて、自分の携帯電話にしておけば、家族が取るというような事は無くなるでしょう。

ローンカードが郵送されてくる

審査が終わって、幸い通った場合に次に問題になるのが郵送されるローンカードです。ローンカードは申込方法によって受け取り方法が違いますが、最近流行りのインターネット経由で申込んだ場合は郵送になります。

こういった場合書留郵便になりますから、家族も不審に思う可能性が有り、そこでバレてしまうことが有るでしょう。

この対策を考えると、送られてきそうな時期は自宅にいて家族よりも先に受け取ることです。ただし書留の受取りですからこっそりと言うわけにはいきません。

そこで、もっと確実な方法を考えた場合、申込みを三菱東京UFJ銀行のATMコーナーに設置されているテレビ窓口で行う方法が有ります。

この場合申込みからローンカードの受け取りまで一気に行うことができ家族には分りません。

ただし注意が必要なのがテレビ窓口利用でその場でローンカードを受け取るには本人確認書類として運転免許証が必要なことです。他の本人確認書類の場合にはその場ではローンカードは発行されずやはり郵送になってしまいます。

月々の利用明細の送付はあるのか

もう一つ気になる郵送物ですが、他のカードローンでは利用明細書が月々郵送されてくるのが普通になっています。ですからもしこういったものが毎月届くとやはり家族の興味を引くため、そこでバレてしまう可能性が有ります。

しかしバンクイックの場合には、そういった郵送物は無く、残高照会は別の方法で行いうことになっています。方法は次の3つです。

  • インターネットの会員ページでの確認
  • ATMの残高照会ボタンでの確認
  • 専用電話での確認

ただし、こういった確認は時間が経つにつれ、なかなか行わなくなってしまうもので、本来は月々利用明細が届いた方が管理上は良いのです。ですからバンクイックを利用するのであれば、月に1度は残高を確認することを忘れない様にしましょう。

使いすぎないように十分注意しなければなりません。

自分のお金の管理をしよう
独身で特に学生ということになると、まだ自分のお金の管理というものをしっかり行っていない人が多いと思いますが、お金を借りようという場合、管理を始めるにはちょうどよい時期に来ているのではないでしょうか。

学生の内にそういう習慣を付ければ社会人になった後もお金の管理ができるようになるでしょう。

方法としては簡単で、要するに小遣い帳を作ればよいのです。自分の収入と支出内容が分れば良いのですから、仕送りの他アルバイト収入がどのくらいあり、何に使っているのかが分るようにしましょう。

もちろん学生の内から大きな蓄えをするような必要はありませんが、いざと言う時に備えて多少の蓄えを持っていれば、借り入れを考える必要も、それほどには無い筈です。無駄遣いをなくすためにも大変役に立つでしょう。

返済が滞ってしまうと隠しておくのは難しい

もう一つ注意が必要なのが、返済が滞ってしまった時の連絡です。こういう場合、督促状が送られてきます。それでも入金しなければ今度は回収担当が乗り出してきて電話連絡が来るようになります。

そうなってしまうと、もう親に隠しておくこと自体が無理ですし、叱られるのを覚悟して、援助を頼むしか方法が無いでしょう。

放っておいたら学生のうちに自己破産しなければならなくなってしまいます。

こういうことを考えれば、本来は親に隠しておくよりも、初めから相談したうえで、バンクイックの利用を考えたほうが良いのです。そうすれば困った時でも相談しやすいですし、そもそも借入しなくて済む知恵を出してくれるかもしれません。

親には最初は借入を反対されるでしょうが、借り入れの理由を説明して了承してもらいましょう。説得できないようなら、そもそもお金を借りる必要は無いのかもしれません。その時は再度よく考えてみる必要が有ります。

学生でも収入が有ることが前提になる!短期アルバイトでは無理

ただし申込条件にも明記されていますが、バンクイックを利用するためには月々安定した収入が無ければ利用することができません。これは学生と言えども同じで、長期アルバイトを行って月給として給与を受け取っていることが前提になります。

学生の場合、必要になった時に短期アルバイトを行って収入を得ているというような場合もかなりある筈ですが、短期アルバイトの場合には、月々収入が入ってくるという事ではないため、バンクイックの審査では評価の対象になりません。

また借りられたとしても学業が忙しくなる時期については収入が減ってしまうことが予想されますが、バンクイックはあくまで一般向けのカードローンですから、学生だからと言って特別扱いは無く返済して行かなければならず要注意です。

学生で安定収入をクリアするには長期アルバイトが前提

親バレしないとしても、まずはバンクイックの審査に通ることが先決です。もう一度申込条件を見てください。もう一つクリアが難しいのが安定収入です。配偶者がいて収入が有ればよいですが、そうでなければ自分に安定収入が必要です。

安定収入と言うのはバンクイックなどカードローンの返済は月単位で行われるのが普通ですから、月々の収入が安定しているという意味です。つまり月々ほぼ一定した収入が無ければ、申込みができないということです。

学生の場合でも会社員が二部の授業に出ているような場合には問題はありませんが、ほとんどの学生は定職を持ってはいません。ただし月々収入を得ているような学生は大勢います。それは長期アルバイトを行っている場合です。

長期アルバイトの場合には、仕事に入る時間は短時間かもしれませんが、正規社員と同じように月々決まった日に給与が支払われるのが普通です。しばらく続けていればパターンも決まってきて収入額も安定してくるでしょう。

そうなればバンクイックの要求している申込条件をクリアすることができて、実際に申し込みができるようになるでしょう。

短期アルバイトの場合には審査で評価されない

しかし学生の中には、こういった長期アルバイトを行うのではなくて、お金が必要になった時に短期的にアルバイトを行うといような形態で働く学生がいます。これでもやり方によってはそれなりの収入額になるはずです。

ただし、お金が必要になるときと言うのが一定しているわけではないため、月々安定した収入にはなりません。

そういうことを無視してバンクイックに申込んだとしても、月々必ず収入が有るわけではないため、審査での評価は非常に低く、とても審査通過は見込めません。

こういった学生の場合には、借り入れを考えるのではなく、同じように短期アルバイトを行って必要な金額を稼ぐことを考えたほうが現実的で。

或は長期アルバイトを始めて、しばらく続けたあと、申込みを行うという方法も考えられます。

学業が忙しくなる時期にも返済して行かなければならない

ただし、学生の場合には返済での不安要素があります。それは学業が忙しくなる試験期間の存在です。試験期間はどうしても学業のほうに時間が取られますから、その分アルバイトに入れる時間は減ります。

時間が減ってしまえば、当然収入が減る事になります。バンクイックというのはあくまで一般向けのカードローンです。

学生向きにできているわけではありません。このため、試験期間中だろうといつも通りの返済が求められます。

もし試験期間中にもかかわらずアルバイトを優先していて単位を落とすようなことが有ったらそれこそ本末転倒です。したがってそういう時期が有るということを見越して他の時期には多少の貯蓄を行っておくなどの対策が必要になるでしょう。

学生ローンとは
以前はよく学生ローンと言う看板を見掛けたものですが、最近ではほとんど見かけません。これは貸金業法の改正で総量規制ができたために、収入が無い人に貸しにくくなってしまったことが原因です。

しかし今でも学生街というようなところには学生向けローンを提供している消費者金融は存在していて、学生が利用しています。

この学生ローンでは本文で説明したようなアルバイト時間が少なくなるような試験期間には返済を利息だけにするというような、返済方法が予め決められていて、学生には便利なローンになっています。

ただし、この学生ローンはカードローンのようにカードで何度も利用するというような事はできず、利用の度に振込みを依頼することになります。

学生は学業が本分!お金を借りるのはあまりお勧めできない

このように学生でもバンクイックを借入れできる可能性はあります。しかし返済が厳しくなる可能性もないとは言えず、やはり学生の内からカードローンを使って借金を背負うのはリスクが高くお勧めはできません。

まず学業のためにお金が必要と言うなら、カードローンではなくて奨学金を利用しましょう。奨学金の返済は卒業後になりますし、金利もカードローンよりもずっと有利です。それが無理なら教育ローンという方法も有ります。

もしカードローンを借りて、返済ができなくなってしまうと、学生と言えども、債務整理などに追い込まれる可能性が有り、そうなれば当面ブラックとして扱われることになって、卒業しても社会人をブラックで迎えなければなりません。

学業でお金が必要なら奨学金を利用しよう

ここまでは学生がバンクイックを利用することについて説明して来ましたが、本来であれば学生のうちにカードローンのようなローンを利用することはあまり勧められません。

もし勉学をするためにお金が足りず、やむを得ずアルバイトをしたり、バンクイックを利用するというのであれば、学生が勉学のために利用する奨学金というものが有ります。

日本の奨学金は現在給付型が少なく、全く駄目な制度になっていますが、それでもカードローンを借りるよりもずっと有利な借り入れができます。しかも返済は就職後でいいわけですから、学生にとっては使いやすいものです。

もし奨学金の募集時期などの関係で借りることができない場合には、親に頼んで教育ローンの利用を考えてみましょう。民間で借り難ければ公的なものもあるので、カードローンを借りるよりも有利な借り入れができるはずです。

給付型奨学金
つい最近ですが、日本でも公的な給付型奨学金の実施が決まりました。まだまだ限られたものになるらしいですが、無いよりは有ったほうが良いに決まっています。現在高校生で将来進学を予定しているのであれば、今から調べておきましょう。

このように公的な奨学金は制度的な欠陥を抱えたまま今日まで来てしまったのですが、実は給付型奨学金には民間のものが少数ながら有りました。企業が基金を作ってそこから毎年少人数の成績優秀者を選んで行っています。

もし給付型奨学金を探すのであれば、こういった民間の奨学金についても、学校などで情報を集めて、申込みを検討してみてください。いろいろ条件が付く場合も有りますが、利用出来るなら利用することを勧めます。

あくまで学業を優先すべき

もう一つ学生がお金を必要とする理由としては、学生のうちに遊んでおこうということで、そのための元手を借りようというものです。

しかし、そもそも学生と言うのは勉強するから学生なのです。その点から言えばアルバイトに励んでいるようでは何のために学校に通っているのか分らなくなってしまいます。

したがって学生である以上、何を差し置いてもあくまで学業を優先するべきです。

例えばよく学生のうちにやりたいことをやっておけと言う人がいますが、学生と言うのは勉強したいから敢えて学校に通っているわけで、そもそもやりたいことをやっているのです。

しかも最近では就職後であっても、余暇を楽しむというライフスタイルが出来上がってきており、就職してからではやりたいことができないということはありません。

ですから学生の内はまずは一生懸命勉強して、あとあともっと勉強しておけばよかったなどと、悔いを残さないようにしましょう。

返済できなければ学生のうちにブラックになってしまうことになる

また借金と言うのは借りたら返すという鉄則が有ります。これは学生が借りた場合でも当然のことです。しかしその返済に行き詰ってしまって滞ってしまう人も多数いるのです。これは学生でも例外ではありません。

安易に借入れしてしまうかもしれませんが、それが自分の首を絞める事に繋がるのです。返済できなければどうなるのかと言うと、最悪の場合には自己破産です。

自己破産と言うのは借金は無くなりますが、社会的信用というものはゼロになってしまい、以後しばらくの間はどこの金融機関に行ってもお金を貸してくれるところはなくなってしまいます。これを俗にブラックといいます。

学生時代にブラックになってしまって、うまく卒業まで行けたとしても、ブラックのまま社会人を迎えるわけです。

社会人になれば自動車なども必要になりますが、ブラックでは自動車ローンは借りられません。要するになんでも現金取引するしかないのです。大変な不自由を味わうでしょう。

ですからそういうことを未然に防ぐためには、収入が安定しているとは言えない学生時代に借金をするのは出来る限り避けるべきなのです。

ここで親に内緒でバンクイックを利用することについて纏めておきます。

  • バンクイックの申込条件には学生を排除するような条件は無い
  • 親にバンクイックの利用がバレる契機はいくつかあるためそれぞれ対策が必要
  • バンクイックの審査に通過するためには長期アルバイトで安定した月収が必要
  • 学生は学業が本分であって学生の内からアルバイトに励んだり借金をするのは勧められない

学生の場合には成人したと言ってもまだまだ親の保護下にあります。ですから何をするにも隠すのではなく進んで情報を共有して協力を得たほうがずっと良い方法だということを忘れない様にしましょう。

新着記事
TOPICS