> > 任意整理って何?バンクイックで過払い請求する際に知っておくべき事

任意整理って何?バンクイックで過払い請求する際に知っておくべき事

「バンクイック」とは、三菱UFJ銀行カードローンの名称のことです。銀行カードローン商品名称の一種で、バンクイックという借り入れ方式のことではありません。

バンクイックは銀行系のカードローンで金利が低いため、利用者は多いのですが、それ故トラブルになる利用者も一定数います。その一番多い理由は、「返済が厳しくなった」というものです。

今回は、「返済がどうしてもできなくなった」、そんな人が合法的に話し合いで過払い金の返還や、これから支払う金利を減らす任意整理についての解説と、その注意点について説明していきます。知っておかないと面倒なことになる部分も多いので、必ず最低限の知識は身に付けておきましょう。

任意整理って何?債務整理の種類とその概要を知っておこう!

任意整理をはじめとした「債務整理」という行為は、普通にお金を借りているうちには縁がない言葉です。債務整理は4つの種類があり、それをする人の債務状態の深刻度合いで、どれを選択するかが変わってきます。

債務状態の問題が小さく、弁護士や税理士の話し合いで解決できる程度の問題では「任意整理」、裁判が必要で債務状態もかなり悪化している場合が「特定調停」です。この2つは比較的おこないやすい方法です。

個人での返済が極めて困難で、大規模な債務管理や資金運用が必要な場合は「個人再生」です。そして、個人での返済は不可能と判断され、生活必需品以外の全ての財産を総括的に処分または債務返済に充てる代わりに、一切の債務の返済義務を免除するのが「自己破産」です。債務整理で最も有名なのがこの自己破産です。

それぞれの利用者の債務状況を大雑把にまとめると、任意整理は「現在の借金の返済に困っているレベル」、特定調停は「多重債務で返済の目処が立たないレベル」ぐらいになります。

個人再生は、「債務の額が大きくなり過ぎて元金を減らすことも困難なレベル」、自己破産は「他の債務整理でも問題が解決できないときの最終手段」です。あくまで目安であり、自分がどれを利用すべきかは、税理士に問い合わせましょう。特に自己破産は、効力が非常に強力な分、その後のペナルティも極めて重大なものになるので、自己破産以外で解決できないかを相談するのが最優先になります。

過払い金は任意整理で解決できる?グレーゾーン金利とは

テレビのCMなどでよく聞く「過払い金」とは、いったい何を指しているのでしょうか。過払い金とは、「利息制限法が制定される前に借り入れした時の金利差分」のことを指しています。

任意整理をすることによって、利息制限法に規定された金利よりも高く払っていた分の金利を返還させるのが、過払い金返還の大きな目的の一つになります。

利息制限法に定められている金利は、利用者が契約している限度額によって変わってきます。限度額が10万円未満では年利20%、10万円以上100万円未満では年利18%、100万円以上では年利15%までにしなくてはいけません。

以前まで提要されていた出資法の上限金利は、一律29.2%まで利息を課すことが出来ました。利息制限法と出資法の金利の差の部分のことを、通称「グレーゾーン金利」と呼んでいるのです。

過払い金の返還で焦点になるのは、利用者がこのグレーゾーン金利を支払っていた場合に、それを全額返還してもらうように貸金業者に要請することです。

任意整理で免除できる利息と最近の貸金業界事情とは?

任意整理や過払い金の返還手続きでは、利息制限法が施行される前にさかのぼって過払い金の返還を求めることが出来ます。そして、任意整理のもう一つの重要な役目が、現在の債務をどのように軽減するかということです。

債務整理の中で最も軽い状態の人が利用するのが任意整理であり、その主な役目は、利息の支払いを合法的に軽減することです。

債務整理で軽減する対象となる利息の種類には、大きく分けて「経過利息」と「将来利息」という2つの利息があります。

経過利息とは、債務者が弁護士に任意整理を依頼し、「受任通知が届いてから債権者との和解が完了までに発生する金利」のことです。将来利息とは、「和解完了後から債務整理終了後(借金の全額返済)までにかかる金利」のことです。

任意整理をするときには、まず債務者が弁護士に依頼をします。依頼を受けた弁護士は、任意整理手続きを行うということを記載した「受任通知」を、利用者が借金をしている相手(貸金業者)に送付します。受任通知が相手に届いた時点で、法律により、債務の返済義務が、一旦停止します。

この時点から、弁護士と貸金業者の交渉が始まります。和解とは簡単に言えば、弁護士から提案された利息の支払い方法に対して、貸金業者がそれを受け入れることを言います。要するに、弁護士が「この利息だと利用者は返済できないからもう少し小さい金利で返済させるようにしてほしい」という要請を行い、それに対して貸金業者がOKを出せば和解ということになるのです。

ここで重要なのが、任意整理によって「将来利息」をどの程度軽減できるかということです。借金の返済において、一番苦労するのが利息によって元金が膨らむことです。任意整理は、過払い金を無くすということだけではなく、これから返済するときに重要になる将来利息をどの程度減らすことが出来るかということが焦点になってくるのです。

任意整理で将来利息を無くすことは非常に難しい?

現在の貸金業界は、どの業者も非常に厳しい経営状態に置かれているといっても過言ではありません。そんな中で、任意整理によって将来利息を無くすということは、私たちが思っている以上に困難な交渉になります。

現在の法律では違法となるグレーゾーン金利(過払い金)の返還であれば貸金業者はほとんど応じますが、将来利息は合法の金利であり、それを債務者側から一方的に減らす、あるいは無くす要請に対しては、債権者は応じたくないのが本音なのです。

ただでさえ利用者の奪い合いになっていて金利による利益が少なくなっている昨今の貸金業界で、こうしたさらに収益が減る要請を受け入れるのはデメリットしかないためです。そうした背景もあって、余程債務が大きく返済が困難と判断されるケースを除いて、将来利息を全て免除する和解には到達しないことが多いのが、現在の任意整理事情だと覚えておきましょう。

また、過剰に宣伝が氾濫していることも問題です。例えば、弁護士事務所の広告で、「任意整理をするれば将来利息をカットできる!」という内容の文面を大々的に宣伝し、本来であれば資産をやりくりすれば任意整理が必要ないような相手でも、貸金業者に対して利息の軽減を求めているという現状があります。

このような現状を受けて、貸金業者では和解交渉で甘い顔を見せないようにするという方針が出来るほどです。任意整理を利用するときは、過払い金の返還と経過利息を減らすこと、将来利息の一部のカットすること、そして返済を遅らせる目的以外で利用しない方が良いと考えられます。

バンクイック過払い金返還についてこれだけは知っておこう!

過払い金というのは、先述したように利息制限法が施行される前に払っていた余剰分の金利のことです。バンクイックに限らず、お金を借りていたときに発生するとはいえ、過剰な金利の支払いをしていたのは過去のことになりつつあります。

過払い金は、利息制限法が施行されてからおこなった借り入れについては、基本的に発生しません。

そのため、最近の借り入れで過払い金が発生しているということは原則としてあり得ないのです。なぜなら、利息制限法が施行されたその時点で、銀行や消費者金融のカードローン、フリーローンの金利上限が訂正され、グレーゾーン金利自体がなくなったためです。

つまり、過払い金の対象になるのは、利息制限法が施行される前に借りていて(返済中)、その金利が利息制限法の上限を超えている分まで返済していた時だけなのです。勘違いしている人が多いのが、過払い金は現在の債務契約にも適用出来ると思っていることです。

現在の三菱UFJ銀行のカードローンであるバンクイックを利用して過払い金が発生することはないのです。発生するとしたら、それは返済が遅れた時に発生する遅延損害金だけです。合法の金利によって借金が膨らんだ時は、過払い金ではないので気を付けましょう。

バンクイックで返済できなくなったらどうすべきか

現在のバンクイックによって過払い金が発生することはないと述べましたが、それとは別に、借りたお金が返済できなくなる可能性はあります。

バンクイックで返済が出来ない、あるいは期日までにお金を用意できなくなった場合は、弁護士より前に直接銀行に連絡して交渉しましょう。

【関連記事】
バンクイックに返済できない?遅れ、延滞の時には忘れず電話!

あくまで弁護士に頼るのは最後の手段です。通常、返済が出来ない場合はまず債権者(銀行や消費者金融)に電話をして、期日までに返済することが難しいという内容を伝えましょう。

そのうえで、返済期限を延期してもらえるように交渉しましょう。その際に重要なのは、返済できない理由と、特定の日程まで延期する理由、その時に返済できるという理由(収入がある等)を説明して説得力を持たせることです。単に「今お金が用意できないから返済を持ってほしい」というだけでは、延期してもらうのは難しいです。

債務整理にはいくつかのデメリットがあるので、安易に頼るのではなく、最初のうちは自力で解決できるように努力しましょう。銀行カードローンであっても、合理的な理由があれば意外と融通を利かせてくれることもあります。貸金業者としては、延期を渋って任意整理をやられるよりも、しっかりと利息分も払ってくれるなら、多少期限に猶予を与えてもいいと思っていることが多いのです。

任意整理を利用するときに気を付けるべきこと!

最後に、任意整理を含めた債務整理をする際に気を付けるべき点と、それを行ったときに受けるペナルティについて簡単にまとめておきます。

まず、比較的知られていることですが、債務整理を行うと信用情報機関にその事実が一定期間記録され、その間は新規の借り入れをすることが極めて困難になります。期間としては5年です。自己破産だけは7年と少し長くなります。

クレジットカードを現在利用している人も注意が必要です。債務整理が確定すると、クレジットカードの利用が出来なくなる可能性があります。可能性があるという表現なのは、保証会社によって利用できなくなるかどうかが異なるからです。

今までしていたカードローン契約も打ち切られる可能性がある上に、携帯電話料金などの口座引き落としなどもできなくなります。基本的に、債務整理をした者は、個人の信用が最低になるため、信用取引はすべて出来なくなると考えるべきです。

任意整理であっても債務整理の一種であることに変わりはなく、これをするとはすなわち、金融業者から見るとブラックリストに載る人物になるということを必ず覚えておきましょう。

新着記事
TOPICS