> > バンクイックを綺麗に全額返済したい!端数はどうすればいいの?

バンクイックを綺麗に全額返済したい!端数はどうすればいいの?

バンクイックには利用者の利便性を考えて様々な返済方法が用意されており、通常は35日毎あるいは毎月指定した日に返済しますが、この他に臨時返済と一括返済が可能で、自動引落し、ATMからの入金、銀行振込みなどで返済できます。

一括返済を利用して全額返済を行う場合、ATMによっては硬貨の入金ができず千円未満の端数が入金できない場合が有ります。全額を入金する際には端数の入金にも対応した返済方法を利用しなければなりません。

ただ返済は計画的に行うもので、お金に余裕ができたとして、もし全額を一括返済で返済出来そうな場合でも、後々のことを考えて、またすぐに借入しなければならないようなことが無いように注意して行う必要が有ります。

バンクイックの返済方法を知ろう!余裕が有れば一括で全額返済も可能

バンクイックの定期的な返済には前回の返済から35日以内に返済して行く方法と毎月指定日に返済する方法の2種類があり、利用者はこのうち自分が利用しやすい方を選んで返済して行くことになっています。

またこのほかに任意の時点で返済ができる方法として臨時返済と一括返済が用意されていて、臨時返済のほうは定期返済以外に残債の一部を臨時で余分に返済できるものです。

一括返済は残りの債務を全額返済してしまうもので、どちらの定期返済を行っていても利用することができます。ただし一括返済する場合にはそこまでの利息を計算して利息込みで返済しなければなりません。

返済方法は指定口座から自動引落しやATMからの入金、銀行振り込みなどが利用できます。

定期返済は35日毎の返済か毎月指定日返済の2種類

一般的に言えばカードローンの返済には次の2つの方法が有ります。

  • 月々一定額を返済して行く定期返済
  • お金のある時に好きなだけ返済する随時返済

ただし、こういった返済はカードローンごとにそれぞれ方法に違いが有り、全く同じというわけではないので注意が必要です。

ではバンクイックの場合どのようになっているのかと言うと、まず定期返済には次の2つの方法が提供され、利用者がどちらかを選択することができます。

  • 35日ごとの返済
  • 毎月指定日の返済

35日ごとの返済と言うのは、初回の返済は借入日の翌日から35に目までに行い2回目以降は前回の返済日の翌日から35日目までに返済するという返済です。

毎月指定日の返済と言うのは、月々返済日を決めておいて、それ以前の14日以内の入金が返済として扱われる方法になります。

35日ごとの返済と毎月指定日の返済のどちらを利用すれば良いか
どちらの返済を利用すれば良いのかは利用者が返済しやすいほうを選べば良いのですが、一般的に考えれば会社員のように収入が発生する日が月々決まった日であれば給料日直後の毎月指定日にしておけば返済は楽でしょう。

これに対して自営業者のように月々収入が発生する日が決まっていないような場合には、35日ごとの返済にしておいて、収入が発生したら返済するようにすれば、やはり返済はしやすいのではないでしょうか。

ただし、これは一般論ですべてに当て嵌まるわけではありません。自分の状況に合わせて考える必要が有ります。

例えば、35日ごとでは入金が間に合わない自営業者の場合には、カードローンによっては随時返済しかなく、何時返済しても構わないと言うようなものも有るので探してみてください。

臨時返済と一括返済

次にバンクイックの随時返済に当たるものを見ていきましょう。これにも次の2種類の返済が用意されており、自分の返済資金の状況などにより、どちらかの方法を選んで返済することができます。

  • 臨時返済
  • 一括返済

臨時返済は定期返済とは別に最少返済額以上の金額なら幾らでも返済できる返済です。一括返済は無理だが、お金に余裕が有るので多めに返済したいという場合にはこの臨時返済を使って返済することができます。

これに対して一括返済と言うのは債務の残り全部とそれに掛っている利息を一度に返済してしまう方法で、これによって次回の返済日から返済を行う必要が無くなります。

十分なお金の余裕が有る場合はこの返済を利用してください。

返済方法と返済額

では実際の返済方法はどのように行えばよいのでしょうか。バンクイックに用意されている返済方法には次の3種類があります。

  • 本人名義の三菱東京UFJ銀行の普通預金口座から自動引落し
  • ATMからの入金
  • 指定口座への銀行振込

随時返済を利用する場合には自動引落しは利用できませんから、ATMからの入金かあるいは銀行振込を利用する方法になります。

定期返済の返済額は借入残高と適用金利によって違いが有り次のようになっています。

借入残高 適用金利≦年率8.1% 適用金利>年率8.1%
~10万円 1000円 2000円
10万円超~20万円 2000円 4000円
20万円超~30万円 3000円 6000円
30万円超~40万円 4000円 8000円
以降10万円ごとに +1000円 +2000円

ただし、見直される可能性が有るので利用を検討している場合には必ず予め確認するようにして下さい。

全額返済の場合端数が生じてしまう!どのように返済すれば良いのか?

一括返済を利用して残債の全額の返済を行おうと言う場合、返済日までの利息を含めて返済する必要が有るため、返済額にはどうしても1000円未満の端数が生じてしまうことになります。

一括返済する場合にはこの端数の部分も支払う必要が有り、また定期返済ではないので自動引落しが利用できませんから、インターネット経由などで口座から直接銀行振込をする場合は良いですが、ATMを利用する場合には要注意です。

しかしATMが進歩してきたとはいえ、まだまだ硬貨を扱えるのは一部だけです。このためATMの中には端数が扱えず綺麗に一括返済が出来ないものがあります。

そこで一括返済を行う場合には硬貨も扱える様なATMを利用して入金あるいは銀行振込を行うようにしなければなりません。

一括返済による全額返済時には端数が生じる

では一括返済で全額返済してしまうことを考えてみましょう。この場合バンクイックのホームページにも注意が記載されていますが、返済しなければならない金額は残債とそれに掛る利息の合計になり、返済日によって異なります。

ですから一括返済する場合にはその返済額を入金の前に確認しておかなければなりません。そんなことはできないと言う人がほとんどのはずですが、実はホームページにはその確認方法も明記されています。

その方法には次の2つの方法が用意されているので自分の都合の良い方法で確認して下さい。

  • 会員ページの残高参照メニューでの確認
  • 第二リテールアカウント支店専用ダイヤルでの確認

ただし、専用ダイヤルには受付時間が有るので注意して利用するようにして下さい。

元本に対する利息は自分に適用になる金利によって決まります。

実際に計算してみれば分りますが、ほとんどの場合切の良い数字にはならず必ず1000円未満の端数が出るものです。

例えば30000円を30日間14.6%の金利で借りたとします。そうすると利息は次のように計算できます。

利息 = 30000円 × 14.6% × 30/365 = 360円

つまりこの場合一括で返済する金額は30360円ということになります。

利息の計算
利息の計算方法がわからないという人も多いと思うのでちょっと説明しておきましょう。利息は次の計算式で計算できます。

利息 = 元本 × 金利 × 借入期間

ここで金利は通常年利で表示されていますから借入期間も年単位に換算しなければなりません。例えば一年間借りっぱなしで返済は一年後と言う場合には、借入期間は1ということになります。

ただし実際の返済では毎月返済して行きますから、その度に元本が減っていくため、新たな借り入れが無ければ少しづつ利息は減っていきます。要するに今月支払う利息よりも来月支払う利息のほうが少額になる訳です。

元本が大きいと返済額が一定の返済方法では利息分の割合が増えますから、元本がなかなか減らず、長期間利息も大きいままになり、支払総額が膨らむ事が有るので借り過ぎに注意しながら融資を利用してください。

ATMによっては端数の返済ができないものが有る

そこで返済方法を思い出してください、これをATMで支払うとしましょう。バンクイックの場合利用出来るATMは三菱東京UFJ銀行のものかセブンイレブン、ローソン、E-netのコンビニATMです。

このうち三菱東京UFJ銀行のATMでは小銭の入金にも対応しているので30360円でも入金が可能で、一括返済には支障が出ることは有りません。

しかし問題はコンビニATMのほうです。コンビニATMには硬貨の投入口が有りません。したがって1000円未満の端数の入金が難しくなります。このため端数のある一括返済にはコンビニATMの利用は向いていません。

ですからATMからの入金によって一括返済を行う場合には、原則として三菱東京UFJ銀行のATMコーナーに行って返済を行うように注意してください。

端数が有る場合の返済方法

そこで端数が有る場合の返済方法について纏めておきます。一括返済を行う場合には次の方法で返済してください。

  • 三菱東京UFJ銀行のATMコーナーで入金
  • パソコンやスマホなどからネットバンキングを利用した銀行振込による入金
  • 他銀行の硬貨の入金ができるATMを利用した銀行振込による入金

外出したくなければネットバンキングの利用が便利ですが、注意が必要なのは銀行振込を利用する場合には、振込み手数料がかかってしまうので利息以外にも余分なお金を支払う必要が有るということです。

三菱東京UFJ銀行のATMまで交通費をかけて行かなければならないなら、交通費と振込手数料を天秤にかけて安く上がる方を選びましょう。

まずは確実な返済が必要!返済可能性を探り計画を立てよう

借金を早く返済してしまうのは賢明な話ですが、無理をして全額返済をするのはあまりお勧めはできません。返済したのは良いが後になって遣り繰りが苦しくなって結局また借入してしまったというのでは話になりません。

ローンの借入では、まずは定期返済で確実に返済することを考えるべきです。そのためには月々の収支から自分が返済して行けるかどうかの可能性を検討してみましょう。返済が苦しい場合には安易に借入れをしてはいけません。

次に返済期間中の返済計画を立て、支出予定を盛り込んで、常に返済できるように、どのように返済額を捻出するのか明らかにしておきましょう。全額返済を考えるのであれば、この返済計画に無い予定外の収入が入った時ということになります。

無理して全額返済すべきではない

借入を全額返済してしまえば、確かにその時点までの利息しかかかりませんから、定期返済を続けていくよりも、ずっとお得な返済ができます。ただし、これには前提が有って、あくまで余裕の資金が有って生活に影響が出ない場合です。

余裕が無いのに無理して返済してしまって、あとになって生活に必要なお金が足りず、再度借入を行わなければならなくなったのでは、全額返済してもあまり大きな意味が無くなってしまって、場合によってはかえって損失になるかもしれません。

ですから全額返済を考えるのであれば、まず自分が余裕の資金と考えるお金が本当に余裕なのか、あるいは以後の生活資金も含まれてしまっているのではないかと言う点について、できれば配偶者などともよく考える必要が有ります。

確実な返済を行うには借入れ前に返済の可能性を探ってみよう

ローンを利用して融資を受ける場合には、まずは全額返済を考えるのではなくて定期返済がしていけるのかどうかについて計算してみましょう。これには自分の収支を明らかにする必要が有ります。

そこで次の計算式を使って過去1年分程度の月々の収支を計算してみてください。

収支額 = 収入額 - 支出額

この計算で常に収支が黒字であって次の式を満たすことを確認しましょう。

収支額 ≧ 月々の返済額

1年間常にこの式が成り立っていれば今後も月々の返済額を捻出して行けると考えられます。しかしこの式が成り立たないような、収支が赤字だったり黒字でも返済額よりも少額の月が有れば返済に支障が出る可能性が考えられます。

自分の支出が良く分らないという人はまず借り入れなどは考えないで自分のお金の使い方を把握することが必要です。

何に使っているかわかれば不要な部分も見えてくるようになり、借り入れするまでもなく節約できるかもしれません。

どうやって自分の支出を管理すれば良いのか
自分のお金の使い方を管理しているという人は女性なら家計簿をつけているかもしれませんが、多くの男性はあまり行っている人はいません。

こういったものは小さいころから小遣い帳などをつける習慣が有れば別ですが、そうでもなければなかなか行うものではありません。

しかし自分のお金を管理するというのは、年を取るにしたがって、お金を借りたりすることも出てくるため徐々に重要性が増していくので、今すぐにでも初めることをお勧めします。

自分のお金の管理は、やはり先ほども触れましたが家計簿をつけることです。面倒だと思いますが、毎日レシートを取っておけばそう難しいことではありませんし、週に一回でも整理は十分できます。

今ではインターネット上にそういったお金を管理するサービスが有りますから、例えばスマホを使って空いた時間に整理することも可能です。非常に簡単で集計も行ってくれますから、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

返済計画を立て常に返済できる状態に保つことが重要

一応返済額の捻出が可能だろうということになったら、次に返済計画を立てます。これは返済期間中の収支を予想して作成します。月々の支出がどうなるのかを詳しく予想できれば、返済額を捻出できる可能性が高まります。

返済期間中は毎月この返済計画を見直して、計画に狂いが生じた場合には、其れへの対処のために計画の見直しを行ってください。返済計画は最初だけ作ればよいのではなくて、常に返済できる形にしておくことが重要です。

そして、この計画に無い予定外の収入が有った場合には、ここで説明している全額返済を考えてみましょう。そうすれば自分の支出の予想もついていますから、全額返済した後、生活費が足りるかどうかも分かるはずです。

お得な返済方法を考える!利息を減らすにはどうすれば良いか?

借金は元本だけではなく利息も支払わなければなりませんから、有利に借り入れる為には、できるだけ利息を少なくすることが重要です。利息と言うのは金利だけで決まる訳ではなく借入れ期間にも左右されます。

その意味で全額返済を行ってしまえばその時点までの利息で済みますから余裕さえあれば返済してしまったほうが有利です。しかし全額は難しくても例えば臨時返済を使って一部だけを返済しても元本が減ってその分の利息を減らせます。

ただし、返済時に銀行振込を使用して振込手数料がかかってしまうと、せっかく有利な返済が台無しになってしまいます。元本にもよりますが、振込手数料と言うのは利息に対して馬鹿にできないほどの金額なのです。

利息は金利だけで決まるわけではない

利息と言うのは金利だけではなく借入期間も大きく影響します。この点で途中で全額返済してしまうというのは利息を減らすための大変有効な手段ということになりますから、全額の一括返済をしたいと考える人が多い訳です。

しかし、先ほど説明したように全額返済と言うのは残債額にもよりますが、かなり負担が大きくなってしまうため、余裕に見える資金が有っても安易に行ってしまうと、あとあと困ることになりかねないという問題が有ります。

そこで全額返済は無理だが少しでも利息を少なくすることはできないかと言う点について考えてみましょう。まず基本資料として先ほど説明した自分のお金の使い方が必要です、これが分っていなければ、なかなか目的達成は難しいでしょう。

借入期間を短くする工夫を考えてみよう

利息を少なくするには金利が変えられない以上、元本を減らす、あるいは借入期間を短縮するしか方法はありません。そこでバンクイックの返済について考えてみましょう。普通に定期返済を行っていても何も変わりません。

しかし全額返済は経済的に厳しいというのであれば、もう一つ用意されている随時返済の臨時返済を行うという方法が有ります。この臨時返済であれば全額でなくても定期返済とは別に返済することができます。

ですから多少資金的な余裕ができたら、先程の返済計画をよく検討して、生活に影響が出ない程度の臨時返済を行ってみましょう。そうするとその時点で元本が臨時返済した分だけ減りますし、減った分だけ借入期間も短縮されます。

どの程度利息の節約になるかは計算してみなければわかりませんが、こういったことをこまめに行えば、一括して全額返済するよりは負担は大きいとしても定期返済を続けているよりも、有利な返済が可能になるはずです。

借入額の見直しも節約のポイント
借りてからではなかなか難しい利息の節約ですが、もっとも良い方法は借りるにしても借入額をできるだけ減らすということです。そうすればそもそも元本が小さくなりますから、利息もその分減って借入期間も短縮できます。

そのためには、必要になっているお金を正確に計算する必要が有ります。何かを買おうという場合には、だいたい幾らくらいと言うのは止めにして、しっかり見積もりを取り、必要であれば相見積もりも有効な手段です。

これと、自分のお金の管理ができていれば節約できる部分が分る筈ですから、できるだけ節約することを考えてみましょう。無理をしない程度に節約できれば、あと幾らの借入が必要なのかが見えてきます。

手数料がかかってしまっては意味が無い

ただし、ここで注意しなければならないことが有ります。最近は低金利時代になっており、カードローンの金利もそう高くはありません。このためその金利で計算される利息も元本や借入期間にもよりますが、それほど高くはなりません。

もちろんそれでも臨時返済すればその分を減らすことができますが、その臨時返済を行う方法として銀行振込を使ってしまうと、振込手数料が掛ってしまい、減らした利息分あるいはそれ以上になってしまいかねません。

ですからこの場合、返済は銀行振込ではなくてATMから入金するという形で行ってください。この場合には全額と言うわけではありませんから、1000円未満の端数が出るような事もないのでコンビニATMでも構いません。

バンクイックの場合、提携するコンビニATMを使ったとしてもATMの利用手数料は掛りませんから、安心して利用することができます。

ここでバンクイックの融資を端数も含めて綺麗に全額返済する事について纏めておきます。

  • バンクイックの返済方法は様々あり一括で全額返済することも可能
  • 全額返済では利息も支払う必要が有り端数が生じる為返済方法には注意が必要
  • 全額返済を考える前に確実な返済の計画を持つことが必要
  • 全額返済が無理でも利息を減らすため臨時返済を利用すると良い

全額返済しようと言う場合はそれなりにお金が有るということですから、もっと良い方法としてはお金が入るまで遣り繰りして、借りなくて済む方法を考える癖をつけましょう。

【関連記事】
バンクイックの借り入れを一括返済したい!どんな返済方法があるの?

新着記事
TOPICS