> > 「バンクイック」は専業主婦でも借入可能な数少ない金融機関

「バンクイック」は専業主婦でも借入可能な数少ない金融機関

専業主婦の方で、消費者金融では申込ができず困っている方はいないでしょうか?そんな時は、銀行カードローンを申込してみましょう。特に三菱UFJ銀行「バンクイック」は専業主婦でも申込可能な数少ない金融機関の一つで、多くの貸出実績があります。それでは、収入がなくても借入が可能な理由を詳しく解説していきます。

収入がなくても大丈夫?

「バンクイック」であれば、以下のような理由から、本人に収入がない専業主婦でも借入をすることができます。

担保・保証人が不要

お金を借りる場合は、「担保や保証人って必要なの?」と気になりますよね。

しかし、「バンクイック」に限らず、銀行系カードローンの多くは、担保や保証人は不要です。一般的な銀行融資としてイメージする「担保型」の借入は、主に事業性資金や高額融資の場合で、審査に通過できれば好条件での融資を受けることができます。

しかし、「バンクイック」のような銀行カードローンは、事業性資金を除く生活資金に利用することを前提としていて金額も少額のケースが多いため、担保・保証人を立てる必要性はなく本人の返済能力を元に貸出審査をします。また、少額の融資をするのにわざわざ担保や保証人を用意していたら、利便性の低さからここまでカードローンが普及することはなかったでしょう。

その代わりに銀行は「保証会社」というものを利用しています。

「バンクイック」の場合は消費者金融である「三菱UFJフィナンシャル・グループのアコム株式会社」です。

アコムを保証会社にしている金融機関は他にもたくさんあり、じぶん銀行、セブン銀行カードローン、ソニー銀行などと提携しています。

保証会社としては「SMFGグループのSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)」「株式会社オリエントコーポレーション(オリコ)」などが多くの銀行と提携しています。

銀行と保証会社はさまざまな理由で業務提携しています。銀行側のメリットとしては、例えばもし返済が滞ってしまった利用者が出た場合には、その分の債権は保証会社であるアコムが「バンクイック」へ建て替えてもらい、その後その利用者の返済窓口をアコムにすることができるといった点です。

そのため、「バンクイック」の利用者は契約時に「アコムの保証を受けること」に同意しているため、担保・保証人が不要なのです。

配偶者に収入が必要

収入のない専業主婦の場合は配偶者に収入がなくてはいけません。

申込・審査の際は、配偶者の年収・勤務先情報が必要となり、総合的な判断によって借入限度額が決定します。そのため専業主婦の場合、配偶者情報を正確に銀行側へ伝えることが非常に重要となります。

在籍確認は専業主婦本人に対して行われる

通常、「バンクイック」の在籍確認は本人の勤務先への電話連絡で行われます。

しかし、専業主婦の場合は勤務先がないため、自宅固定電話か本人の携帯電話に連絡します。配偶者の勤務先へ連絡することは余程特別な事情がない限りはありません。

専業主婦の借入条件

では、以下に「バンクイック」での専業主婦の借入条件をまとめます。

対象者 年齢満20歳以上65歳未満、国内に居住する個人、アコムの保証を受けられる人
収入 原則、配偶者に安定した収入がある
利用使途 事業性資金以外
担保・保証人 不要
手数料 無料
利用限度額 借入利率
500万円以下 400万円超 年 1.8% ~ 年 6.1%
400万円以下 300万円超 年 6.1% ~ 年 7.6%
300万円以下 200万円超 年 7.6% ~ 年 10.6%
200万円以下 100万円超 年 10.6% ~ 年 13.6%
100万円以下 10万円以上 年 13.6% ~ 年 14.6%
借入残高 返済額(利率8.1%以下) 返済額(利率8.1%超)
10万円以下 ¥1,000 ¥2,000
10万円超20万円以下 ¥2,000 ¥4,000
20万円超30万円以下 ¥3,000 ¥6,000
30万円超40万円以下 ¥4,000 ¥8,000
40万円超 借入残高が10万円増す毎に¥1,000追加 借入残高が10万円増す毎に¥2,000追加

バンクイックのメリット

「バンクイック」には以下のような他社にはない多くのメリットがあります。

テレビ窓口での申込が可能

まず、テレビ窓口で申込が可能ということです。テレビ窓口というのは、いわゆる自動契約機で、タッチパネルで必要事項を入力し、設置されている電話機で担当者と直接話し申込ができる専用機械です。必要書類もスキャナーで読み取り提出することができるので、とてもスピーディーに契約することができます。

【関連記事】
営業時間は?在籍確認は?バンクイックのテレビ窓口を使いこなす!

口座開設不要

多くの銀行系カードローンは、申込と同時にその銀行の普通預金口座の開設が必要なところが多いのですが、「バンクイック」は三菱UFJ銀行の口座がなくても申込可能です。口座開設が不要な分、申込から借入までの手間や時間短縮が可能です。借入や返済の際には、「バンクイック」のローン専用カードを利用します。

金利が低い

「バンクイック」は金利が低いというメリットもあります。一般的に消費者金融では最大18%というところが多いのですが、銀行系カードローンは消費者金融よりも金利が低く設定されており、「バンクイック」の場合は最大でも14.6%です。

また、返済が遅れてしまったときの遅延損害利率も低いのが特徴です。他社の場合は、通常金利が低くても、遅延損害利率は20%だったりと高いところが多いのですが、「バンクイック」は14.6%と通常金利と同一です。

営業時間が長い

三菱UFJ銀行の窓口は通常通り平日15時までなのですが、「バンクイック」の申込は、テレビ窓口・コールセンター共に20時まで受付をしています。

ただし、テレビ窓口は設置場所によって異なる場合がありますので、公式ホームページでお近くのテレビ窓口を調べてから手続に向かった方が安心です。

また、あくまで申込の受付が20時までなのであって、審査や実際の借入が可能になるのは、申込時間帯によっては翌営業日以降になる可能性があるので注意が必要です。

バンクイックのデメリット

カードローンの機能として、そこまで大きなデメリットはありませんが、他社と比べると以下のような点が異なります。

書類の提出方法が限定的

申込の際には、本人確認書類の提出が必要ですが、他社の場合はメールや専用アプリを使って画像データで提出可能なところがあり、とても便利ですます。

しかし、「バンクイック」の場合は、FAXかテレビ窓口でしか対応していません。

借入方法が限定的

借入方法は、ATMからの引出、三菱UFJ銀行の本人口座への振込のみです。他行への振込はできません。

また、返済方法も、ATMからの返済、三菱UFJ銀行の本人口座からの自動引落、指定口座への振込のみです。

他社であれば、直接他行の口座に振込で借入が可能なところもあります。

必ずローン専用カードが発行される

カードローンやキャッシングをしているというと、決して良いイメージを持たれることはありませんね。

「バンクイック」はローン専用カードが必ず発行されますので、いくら人に内緒で契約できたとしても、カードを見られてしまっては借入をしていることを知られてしまう可能性があります。

他社であれば、申込・借入・返済の手続を全てインターネットだけで完結することによって、カードレスを実現しているところもあります。

申込方法と審査

では、実際の申込から借入の流れと注意点を解説します。

WEB テレビ窓口 電話
申込 WEBで入力 テレビ窓口で入力 オペレーターに申告
仮審査・結果回答 メールまたは電話で回答 その場で回答 電話または郵送
書類提出・本審査 テレビ窓口かFAX テレビ窓口 テレビ窓口かFAX
カード受取 テレビ窓口か郵送 テレビ窓口 テレビ窓口か郵送

申込は、WEB・テレビ窓口・電話で行います。WEBは24時間申込受付していますが、テレビ窓口・電話は20時までです。(テレビ窓口は設置場所によって営業時間が異なる場合あり)必要事項を入力し登録、または担当者に口頭で伝えると、その後仮審査が開始するので、しばらく待機します。

専業主婦の場合は、仮審査時の在籍確認は、自宅か本人携帯電話にありますので、電話対応ができるように準備しておきましょう。

その後、電話またはメールで仮審査結果の回答があります。限度額・金利を確認しましょう。次に必要書類を用意提出し本審査となります。書類に不備などがなく本審査が完了すれば、ローン専用カードをテレビ窓口か郵送で受取して、実際に借入が可能となります。

いずれの申込方法であっても必要書類は事前に準備しておきましょう。

■本人確認書類は下記いずれか1点の提出

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 個人番号カード

専業主婦ならバンクイック

以上のように、バンクイックであれば専業主婦でもカードローンを契約することができます。しかし、基本的に大きな金額を借入することはできないので、あくまで生活費のカバーといった利用目的です。

大切なのは申込時に虚偽の申告をすると審査に落ちてしまう可能性が高いので、配偶者の収入や勤務先情報は正しく申告しましょう。また、借入と返済のバランスを意識してくれぐれも借り過ぎにならないように注意することが必要です。

新着記事
TOPICS