> > 他社借り入れがあってもOK?バンクイックの申込と借入のコツ!

他社借り入れがあってもOK?バンクイックの申込と借入のコツ!

バンクイックでお金を借りたい時、気になるのは審査のことですよね。中でも、他社からの借入がある人は、審査でどう影響するのかが心配になってしまうようです。

バンクイックは、他社からの借入がある人の申し込みを禁止してはいません。審査に通るかどうかはまた別の話ですが、無下に門前払いというわけではないようです。

他社借入はバンクイックの審査に影響があるのでしょうか?申し込みを躊躇っている人、必見ですよ。

他社借入でもOK?審査は少し厳しめになるかも!

バンクイックの公式サイトや商品の概要書には、他社借入がある人の申し込みを断るという文章がありません。つまり、申し込みをすることは可能だということになります。

また、バンクイックの使途の項目を見てみましょう。

  • バンクイックの資金使途は事業性資金を除き、多岐で利用できる

商品概要書には、事業性資金以外であれば、特に禁止事項を記していません。もちろん社会通念上、犯罪や後ろ暗いことに利用することはやめておくべきですが、そうでなければ問題ないということです。

  • バンクイックの資金は借金の一本化に利用することも自由である/li>

借金の一本化ということは、既に複数の会社からの借入がある状態の人が利用する方法です。

こう考えてみれば、他社での借入があったとしても、バンクイックに申し込むことには何ら問題がないことが分かりますね。

【関連記事】
バンクイックで借り換えしたい!おまとめローンとして利用できるの?

実際はどうなの?口コミサイトでチェック!

申し込むことは可能だということが分かりましたが、実際に審査に通過することができるのでしょうか。もし通過できなければ…と考えると、少し不安になりますよね。

そんな時には、カードローン関連の口コミサイトをチェックしてみましょう。インターネットで検索すればすぐに出て来るはずです。また、信用のおける大手のサイトのコンテンツになっていることもあります。

口コミサイトでは、実際に商品を使った人の感想が掲載されています。

様々な立場の人がいるため、全ての口コミを信じる必要はありませんが、率直な意見や事実を知るには良い参考になるでしょう。

何社までならOKなの?判断しやすい借入数とは

バンクイックだけではありませんが、複数の会社からの借入があっても申し込みOKとしている金融機関では、借入先の数を判断材料にすることもあります。あまりにも多い人は諦めた方が良いでしょう。お金にだらしないと思われます。
  • 目安は3社までの借入が良い

中には4社までは大丈夫、いやいや5社までは、という話もあります。しかし、三菱UFJ銀行ようなメガバンクは、やはりそれなりに審査が厳しくなるもの。念のため、三社程度にしておくと良いでしょう。

もちろん、3社に抑えているからと言って、必ずしも審査に通るという保証はありません。

あくまで目安、予想にすぎないということは心にとどめておきましょう。

逆を言えば、それなりの数の借入先があったとしても、そこまで絶望しなくても大丈夫かもしれないということです。他社借入がある人も、安心してバンクイックに申し込むことができますね。

どこから借りてる?金融機関の種類をチェック!

他社からの借入がある人は、その借入先の金融機関が、どのような分類になるかを考える必要があります。下記のいずれかにあてはまるのではないでしょうか。

  • 銀行
  • 信販会社
  • 消費者金融

この3種類の中で、現金をダイレクトにやり取りするものは、銀行のカードローン商品、消費者金融のキャッシング商品になります。バンクイックに申し込む前に借金をしている人は、この2つのどちらかで借りていることでしょう。

バンクイックに申し込む時、この金融機関の種類が大きく関わる部分があります。総量規制と言う言葉を聞いたことがある人も多いことでしょう。

【総量規制とは】

貸金業法の一項目として定められた、借入を制限する法律。返済能力を超える借入ができないよう、年収の三分の一以上の借入を禁止している。

貸金業法は貸金業者、すなわち、消費者金融、信販会社などに適用される。銀行は貸金業者ではないため、貸金業法の適用を受けない。

消費者金融に関係あるこの総量規制、銀行には全く無関係なのですが、意外なところで影響が出て来る可能性が考えられます。

信用情報機関で分かる!借入残高と借り入れ先!

信用情報機関をご存知の人なら、総量規制の重要性をよく分かっているかもしれません。消費者金融などの貸金業者で借りた借入残高が、信用情報機関に登録されていることも熟知しているでしょう。

信用情報機関では、あなたが過去に借入をした商品や金額、返済状況、現在の借入残高のデータが保管されています。

もしもここで、あなたの借入残高が、思った以上に多いと分かった場合、審査に通れないかもしれません。

信用情報機関は日本に3社あり、銀行系、消費者金融系、信販会社系と、それぞれ利用・情報閲覧をする機関が違っています。ここで「あれ?借入先によっては借入残高がバレないんじゃ?」と思った人もいるかもしれませんね。

全部筒抜け!信用情報機関の情報共有システム!

確かに、それぞれの金融機関が利用する信用情報機関が違うのなら、種類が異なる金融機関からの借入は分からないかもしれません。他社からの借入がバンクイックのような銀行カードローンではなく、消費者金融なら…と期待してしまいますね。

ところが、信用情報機関では、それぞれが情報共有システムを有しています。

この共有システムにより、他社からの借入状況が分かるようになってるのです。

共有システム名 共有金融機関
CRIN 全国銀行個人信用情報センター(銀行系)
株式会社 シー・アイ・シー(信販会社系)
株式会社日本信用情報機構(消費者金融系)
FINE 株式会社 シー・アイ・シー(信販会社系)
株式会社日本信用情報機構(消費者金融系)

CRINでは、国内全ての信用情報機関が情報を共有しています。対してFINEは、信販会社、消費者金融系の信用情報機関の共有システムです。

バンクイックに申し込み、情報を参照した際に、もしもあなたが消費者金融、信販会社系で総量規制に引っかかるような借入残高を抱えていたら、支払い能力が足りないという判断が下され、審査に取れない可能性が否定できません。

あまりにも借入残高が多い人、借入先の数が多い人は、審査の時にはやはり気を付ける必要がありそうです。

他社借入を「したくない」!そんな人は増額審査に挑戦!

ここまでは、「他社借入がある」という前提で説明してきましたが、逆に、他社借入をしたくない、でももっとお金を借りたい!と言う人についても考えてみましょう。

現状、既にバンクイックを利用しているものの、設定された限度額では足りず、困っている人がいるかもしれません。でもカードローンをいくつも持つのはちょっと…と言う時に、考えてみたいのは増額です。

  • 増額申請をし、審査に通過すれば、限度額をアップできる

多くのカードローンがそうであるように、バンクイックも増額の申請を受け付けています。

申し込みがあれば審査をし、増額できるかできないかの判断が下ります。

注意!増額申請の審査の結果はOKだけじゃない!

ここで気を付けておきたいのは、限度額の増額申請をしても、必ずしも増額されるわけではないということです。

  • 利用状況、返済状況によっては、減額される恐れもある

増額申請をすると、やはり審査が行われます。バンクイックに初めて申し込んだ時のように、返済能力を改めてチェックするわけですね。ここで返済能力に問題があると判断されれば、限度額を引き下げられる可能性があります。

  • 過去の利用回数は適切か
  • 返済遅れやその他のトラブルはないか

バンクイックでお金を借りた回数や、返済態度などが審査の内容になります。この時、バンクイック側が求める条件に達していなければ、増額は難しいでしょう。

増額の申請をする前に、いつもの利用状況、返済態度を見直してみましょう。ちょっとマズイな、と思ったら、そこから誠実な利用を心掛ければ、印象の良い信用を積み上げて行けますよ。

申請前に要確認!個人情報の変化は早めに申告!

増額の申請をする前に、ひとつ大切なことを思い出しておきましょう。バンクイックに初めて申し込んだ時と、個人情報が変わってはいませんか?

苗字が変わった人、転職や引っ越しをした人が該当しますね。

  • 増額申請の前に、個人情報の登録変更をしておく

と言うのも、改めて審査をする時、最初の情報と違う情報で増額申し込みがされたと分かると、それが本人の情報なのかが分かりにくくなってしまうのです。虚偽の情報として取り扱われかねません。

そんなことにならないよう、増額したいと思ったら、できるだけ早めに個人情報をチェックしておきましょう。会員ページから手続きができますので、心当たりがある人は、そちらから変更しておいて下さいね。

悩み過ぎない!返済の自信があるならまずは申し込みを!

他社からの借入残高があると、バンクイックへの申し込みを躊躇ってしまう気持ちは分かります。でも、バンクイックでは、他社借入があっても問題なく申し込みをすることが可能です。

重要なのは返済能力です。自分に返済能力があると思えば、思い切って申し込んでみると良いでしょう。また、複数の借金を一本化するためにバンクイックの利用を考えている人も、使途自由なバンクイックならもちろんOK。

お金のことはとても重要で、借りる時には計画性が非常に重要です。他社からの借入と返済のことを考えて、上手にバンクイックを利用しましょう。

新着記事
TOPICS