> > バンクイックの審査結果メールが来ないときに考えられる原因とは?

バンクイックの審査結果メールが来ないときに考えられる原因とは?

バンクイックは、銀行カードローンの中でも様々な審査申し込み方法があるカードローンとして有名です。審査結果がメールで分かり、面倒な電話手続きをしなくてもいいという点から、利用者に人気があります。

しかし、肝心の審査結果を通知するメールが来ない、あるいは対応が遅いのはなぜかという疑問を持っている人も多くいます。そこで今回は、バンクイックのメールトラブルや返答が遅くなってしまう銀行側の対応の理由について解説していきます。

すぐに借り入れをしたいときにはどうすればいいのかも、まとめて説明していきますので、目的に応じて申し込み方法を適切に選択できるようになりましょう。

バンクイックのメールが来ないのはなぜ?考えられる原因

「バンクイックに申し込んだのに審査結果を通知するメールが来ない!」こんな時に考えられる原因はいくつかあります。そもそも、前提として知っておかなくてはいけないのは、銀行側がメールを出したかどうかという点です。

銀行側がメールを出したのに利用者の方に届いていないケースでは、「申し込み時にメールアドレスを間違えて伝えてしまった場合」と「審査通知メールが利用者側のメール設定によって適切に届かなかった」ということが大体の理由です。

一方、そもそも、審査が終わっていなくて銀行側がまだメールを出していないということもあります。この場合は、届いていないのではなく審査が長引いていることが原因です。また、銀行の営業時間外のメールは対応が遅くなるため、なかなか連絡が来ないということになります。

誤解されがちなのは、バンクイックの審査は決して消費者金融ほど迅速なわけではなく、申し込み方法自体は多彩ですが、本審査はしっかりと行われているので、借入金額によってはどうしても時間がかかるということです。

各理由を知っておけば時間がかかっても慌てずに済む!

バンクイックのメールが届かないときに一番多い理由が、「迷惑メールフォルダに分類されていた」というケースです。特に、携帯電話やスマートフォンのメール受信設定で、PCからのメールを自動的に迷惑メールに分類する設定にしておくと、このような問題になりやすいです。メールアドレスを登録した時に、必ず登録したメールアドレスがきちんとすべてのメールを受信できるように設定変更しておきましょう。

次に多いのが、インターネットで申し込んだときに、メールアドレス入力画面で自分のアドレスを間違えて入力してしまったというケースです。これは、申し込み確認のメールがすぐに届かないときに疑った方が良いでしょう。

バンクイックでは、借り入れの申し込みを受けた際に、自動的に返信するようになっています。申し込んだにもかかわらず、その旨を通知するメールが指定のアドレスに届かなかった場合、最初の登録時に間違ったアドレスを入力した可能性が高くなります。

バンクイックの対応時間はインターネット受付以外では24時間体制ではなく、インターネット申し込みでも夜遅くの申し込みに対しては翌営業日対応になります。

そのため、たとえば夜遅くに申し込みをして、翌日になっても連絡が来ないという場合でも何ら不思議はありません。基本的に銀行に何か手続きを申し込んだときと同じような対応をされると考えておきましょう。

申し込みが問題なくされていても、審査が長引いて結果のメールがなかなか来ないということも普通にあります。この時に考えられるのが、利用者の混み合い具合によってメール対応が後回しになっている場合と、融資申し込みの希望額が大きくて審査に時間がかかっているケースです。

どの場合であっても、銀行側が忘れているということは、まずないので心配する必要はありません。しかし、自分のミスでやり取りが分断されてしまうということはあるので、最低限やっておくこととして、申し込みの時にメールアドレスを間違えないことと、受信設定を確認しておくことは心がけましょう。

バンクイックの銀行側の対応順序を知っておこう!

銀行側は、申し込んできたバンクイック利用者に対して機械で対応するのではなく、人間の手で対応しています。当然、人手が割かれる優先順位があります。

最優先は、店頭に来た者への対応です。次に電話で申し込んできた者への対応、そして郵送とメールに対しての対応というように、人手を割く順序があります。

仮に、銀行のそれぞれの対応人数を超える申し込みがあった場合、メールや郵送のバンクイック申し込みの対応は後回しにされるということです。利用者が多い時期(毎月15日~25日あたり)や、月初めでメールによって申し込むときは、返答が遅くなることもまれにあると知っておきましょう。

お金がすぐに借りたいというときは、メールでのやり取りではなく、電話申し込みなどの方が確実で速いということを知っておけば、いざというときに連絡が来なくてイライラすることもなくなるでしょう。

審査結果メールは大体どのくらいの時間で送られてくるか

審査が完了して結果を伝えてくる審査通知メールは、申し込んでからどのくらい時間がかかるのか知りたいという人が多いです。

バンクイックに限らず、借り入れの審査には、仮審査と本審査があります。仮審査は、簡単な本人確認や信用情報機関への調査と情報の照合しかないので、基本的には1日程度で終わります。

審査で時間がかかるのは本審査、特に申し込んだときの希望金額が100万円を超えるときに発生しやすい収入と返済能力の査定審査です。

極端に言えば、バンクイックで10万円程度の申し込みなら、1日~2日で審査結果が記されたメールが届きますが、100万円以上借りたいときの審査には数日かかり、混み合う時期だと5日程度たってようやく審査結果が出たということもありうるのです。

多額の借り入れを希望している場合は、返済できる人物であるかを調べるために、ある程度審査に時間がかかるということを理解しておきましょう。

申し込む曜日によってもメールがくる時間にズレが出来る?

インターネットによる申し込みで意外と盲点になるのが、申し込む曜日の人気が集中するという点です。結論から言うと、金曜日、土曜日、日曜日に申し込みが集中しやすく、この時期は銀行側の対応が忙しくなるため、週末に申し込んだときは対応が遅くなる傾向があります。これは毎週言えることですが、特に一般企業の給料日前である第3週の週末が最も混雑するといわれています。

逆に水曜日と木曜日は、申し込みから結果が分かるまでが迅速で利用しやすい曜日と言われています。週末にお金が必要だと分かっているのであれば、早いうちに用意しておくのも一つの賢い方法だと考えられます。

一番、申し込みから返答のメールが来るまで時間がかかるのか高額の融資に申し込んだときです。しかし、審査に人手を割ける曜日に申し込みが出来るかどうかということは、審査時間を短縮するために知っておいた方が良いことなのです。

月末のバンクイック申し込みで審査を長引かせないためには?

最も審査に時間がかかると言われる月末の申し込みでは、筆者としてはインターネットの申し込みはお勧めしません。電話での申し込みをすべきです。その理由がバンクイックコールセンターの仕組みにあります。

銀行や消費者金融のカードローンでは、電話での申し込みに対応する部署があります。一般的な電話対応部署に比べてバンクイックのコールセンターの規模は数倍と言われています。

バンクイックでは、電話委申し込みに対しての受け入れ態勢を最も重視しており、電話が繋がらないというトラブルが非常に少ないことで有名です。

他の消費者金融などの電話申し込みでは、混雑時に何分も待たされることが往々にしてありますが、バンクイックでは多くの人材を電話対応に投入しているため、いつかけてもすぐに対応してもらえるというメリットがあるのです。

バンクイックで連絡がない時に確認の電話をすべきなのか?

申し込んだのにいつまでたっても結果を通知するメールが来ない、こんな時にこちらから銀行側に確認や催促の電話をした方が良いのかについても解説しておきましょう。

まず、確認の電話をした方が良いケースは、仮審査の結果も来ない場合です。このケースでは、そもそも受付・手続き自体が完了していないことが多いです。通常、仮審査であればどんなに遅くても2日もあれば終わります。2日たっても仮審査すら終わっていない場合は、「メールがきちんと受信できていない」か「申し込み自体が完了していない」のどちらかの原因が考えられます。

この場合は、確認のために銀行に連絡を取って、申し込み手続きがなされているかを確かめましょう。仮審査の結果が送られてきてから本審査に時間がかかっている場合は、電話連絡する意味はあまりありません。

電話で催促しても本審査が早く終わることはありませんし、審査内容が変わることもありませんので、「現在審査中です」という回答が得られた場合は、大人しく結果が出るのを待つしかないのです。

ですが、どうしても不安に思う場合には、電話で確認をしても嫌がられることはありませんので、気になる人は銀行に確かめてみてもいいでしょう。

【関連記事】
質問・疑問をササッと解決!「バンクイック」を賢く活用するために

新着記事
TOPICS