> > バンクイックの必要書類とは?身分証明書は運転免許証やパスポート?

バンクイックの必要書類とは?身分証明書は運転免許証やパスポート?

カードローンを申込む際には申込み情報とともにいくつかの確認書類の提出を要求されます。通常は本人確認を行うための身分証明書および返済能力の確認のための収入証明書で、収入証明書は借入希望額によっては必要ありません。

バンクイックで利用出来る身分証明書は運転免許証やパスポートが有りますが、さらに様々な書類の利用が可能です。また永住が許可された外国人でもバンクイックが利用できるように、必要書類が規定されています。

ただし、本人確認はこれらの身分証明書の確認だけでは十分ではなく、これに加えて、申込時には自宅などの連絡先への電話が行われ、更に審査時には申込み情報に記載した勤務先に実際に在籍しているかを確認するため在籍確認が行われます。

カードローンの申込みには必要書類が有る!何が要求されるのか

カードローンを申込む場合に必要になるのが以前で言えば申込書ですが、最近はインターネット上から申込む場合が多くなっており、この場合には画面上から必要情報を入力するので、申込み情報ということになります。

ただし、それだけでは申込みはできず、これに通常は本人確認のための身分証明書と収入を証明するための書類の添付が要求されます。このうち身分証明書は必ず要求されまずが、収入の証明書は利用限度額が一定上の場合に必要になります。

ただし、本人確認は対面で確認できないことも有るので、この身分証明書だけでは不十分とされ、この他に在籍確認などを行って、本当に申込者が本人に間違いが無いかどうかを確認することになっています。

一般的には本人の身分証明書と収入の証明書が要求される

カードローンの申込みでは一般的に言えば申込者本人を証明するための身分証明書と収入の証明書の提出がひつようとされますが、消費者金融の中にはこの他に住民票の写しの提出を要求している場合も有ります。

また一部の金融機関では身分証明書の種類によってはさらに公共料金の領収書などの添付を要求する場合もあるため、実際に申込みを行う時点で、それぞれのカードローンの必要書類について確認しなければなりません。

また必要書類の提出時期についても、それぞれのカードローンで違い、多くの場合には申込時点で提出する必要が有りますが、カードローンによっては他の審査が終わった時点で提出する場合も有ります。

ただし最近では審査時間が短くなっているので、どんな場合であっても申込みの前に必要書類は揃えておいた方が無難です。

身分証明は必ず要求されるが収入証明は必要ない場合が有る

これらの必要書類の内、本人を証明するための身分証明書は必ず提出が要求されます。

これは審査では本人確認が非常に重要視されている為で、もし誰かが他人を装って申込みを行った場合、この本人確認をしっかり行わなければ排除することができません。

これに対して収入を証明する書類は各カードローンで違いはあるものの一定額以上の借入希望の場合でなければ、提出の必要はありません。

カードローンは審査によって利用限度額や適用される金利が決まりますが、最初からそれほど高額の利用は認められませんから、申込時に収入の証明書の必要のない金額で融資を申し込んでもよいかもしれません。

ただし提出するかどうかはともかく自分の返済能力を確認するために改めて収入の証明書を見て自分の収入というものを確認しておいた方が良いでしょう。

本人確認は身分証明書だけでは十分ではなく他の確認も行われる

ただし、これ等の書類の提出を行ったとしても金融機関としては本人確認ついてはそれでも不十分と考えています。

カードローンの場合窓口で対面で身分証明書と申込者の突き合せを行うような申込みはなかなかできませんから、身分証明書が偽造されていたとしても確認する方法が無い訳です。したがって金融機関は更に別の方法で本人を確認しています。

その方法は申込者の勤務先に対して実際に申込者が在席しているかどうかについて確認の電話を入れて確認することです。この確認によって申込者の本人確認を補完できると考えているわけです。

この在籍確認は利用者には周囲に借金がばれてしまうのではないかと危惧し非常に評判が悪いのですが、金融機関からすればかなり重要な確認のため嫌がられているのは理解していても無くすことはできないようです。

在席確認電話が無いカードローン

ごく少数ではありますが在席確認を電話で行わないカードローンは有ります。どうしても職場への電話は困るという人はそういったカードローンを選べばこの電話は避けることができます。

ただし電話が無いとは言っても、やはり他の方法で在籍確認は行われます。このためこれ等のカードローンを利用する際には条件が付くのが普通です。

例えば申込みから融資の利用まですべてをWeb上で行うことが条件になってカードローンといってもカードが発行されなかったり、指定した銀行に普通預金口座を持っていなければならなかったりします。

銀行に口座を開設する場合には、本人の確認が行われますから銀行口座が有るということはその時点で本人確認が行われているということで、改めて在籍確認を行う必要が無いと考えるわけです。

【関連記事】
バンクイックの本人確認はどう行われる?自宅に電話連絡ってあるの?

バンクイックで利用出来る身分証明書は?運転免許証やパスポートなど

ではバンクイックで利用出来る身分証明書にはどのようなものが有るかと言えば、通常は運転免許証やパスポートなどになりますが、この他にも健康保険証などの利用も可能で、日本人なら誰でもすぐに用意することが可能です。

ただし外国人でも日本国内に居住している場合には利用したいと考える場合もあるため、やはり運転免許証などが有れば申込めますが、場合によっては永住許可証の提示が求められる場合が有り注意が必要です。

自分の名前では審査が通りそうにない場合に、こういった身分証明書を偽造しても分からないだろうと考える人がいますが、十中八九はバレますし、もしバレてしまうと要注意人物となりますから止めておきましょう。

利用出来る身分証明書は運転免許証やパスポートだけではない

ではバンクイックで申込みに利用出来る身分証明書にはどのようなものが有るのでしょうか。バンクイックでは運転免許証の利用を推奨していますが、その他にも次のような身分証明書の利用が可能です。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

したがってバンクイックの申込みを行う場合には運転免許証が有る場合には運転免許証の写しを、無い場合にはその他の身分証明書の写しを用意する必要が有ります。

運転免許証、パスポート、マイナンバーカードは持っていない場合も有るかもしれませんが、健康保険証であれば国民皆保険制度の日本においては必ず持っている筈ですから、日本人であればバンクイックは必ず申込めるはずです。

マイナンバーカードの利用

今後多くの場面でマイナンバーカードの利用が増えていくと思われ、カードローンの申込みで利用出来る身分証明書にも各金融機関が一斉に入れることになりました。しかし敢えて利用はもうしばらく待ったほうが良いと言っておきましょう。

これはこれまでこういったナンバーカードを導入した国が失敗している為です。要するの番号の漏えいはどうしても抑えきれないのです。例えばお隣の韓国の場合は殆どの番号が既に流出してしまっていると言われます。

途上国だからだろうと言われるかもしれませんが、アメリカでも殆どとは言いませんが流出した番号が犯罪行為に利用されています。

したがって、他にも身分証明書の代替案が有るわけですから、敢えてマイナンバーカードを利用する必要はありません。

外国人が利用する場合の身分証明書

ただし外国人の場合には多少事情が異なります。バンクイックの場合、申込みができる外国人は永住許可のある人に限られています。

必要になる身分証明書は日本人の場合と同じですが、外国人でも運転免許証の取得は可能ですから、運転免許証が最も良い身分証明書になるでしょう。

ただし、外国人の場合には更に永住許可証の写しが要求される場合が有ります。

必ず必要と言うことではないようですが、要求された場合にはすぐに提出できるように準備をしておく必要はあるでしょう。

永住資格と言う制限はありますが、審査においては日本人であろうと外国人であろうと差別的な扱いを受けるようなことは有りません。要するに返済ができる可能性が有れば、バンクイックの利用は可能です。

身分証明書を偽造してはいけない

自分には信用上の問題が有って、どこの金融機関でも貸してはくれないという、いわゆるブラックになってしまった人の場合には、誰かを詐称して申込みを行なおうと考える人も出てくることが有ります。

そこで必要になるのが身分証明書の偽造です。今ではパソコンやスキャナー、プリンターという便利なものが一般家庭に有ってもおかしくない時代で、そういった機器を用意したとしても怪しまれることが有りません。

そこでそういった機器が有れば、かなり容易に身分証明書を偽造することができるでしょう。そういった家庭用の機器を利用した場合現物を見れば素人でも偽物とすぐわかるでしょうが、必要になるのは写しです。

したがって複写した状態程度の偽造であれば家庭用の機器でも作れる可能性が有ります。

しかし金融機関は素人ではありません。いかにうまく偽造したとしても、やはり見る人が見れば偽造だということはすぐに分かってしまうものです。

もしそういったことを行えば、ただでさえ信用が低下した状態なのに更に大きく信用を落とし、将来的にローンとは無縁の世界で生きていかなければならなくなるかもしれません。悪いことは止めましょう。

バンクイックの在籍確認とは?本人確認は身分証明書だけではない

バンクイックの本人確認では身分証明書の提示の他にも、申込時には自宅への申込確認、また審査中には勤務先への在籍確認が行われる事になっています。この3つの確認がすべてOKなら申込者が本人であると認められるわけです。

もし自営業者などで仕事も自宅で行っているような場合には、勤務先への在席確認と言うわけにはいきませんから、自宅への在宅確認ということになります。いずれにしても申込んだら確認の電話が取れるようにしておきましょう。

もし、在席確認電話の時にたまたま不在の場合には、電話に出た人が実際に申込者が在席していることを説明してくれれば、それでも在席確認は行われたことになります。席をはずしているという説明でも構わないわけです。

自宅への申込確認と勤務先への在籍確認

カードローンの本人確認はこれ等の本人確認用の身分証明書で行われることになりますが、先ほど説明したように身分証明書の提示だけでは十分とは認められず一般的には勤務先のほうに在籍確認が行われます。

ただしバンクイックの場合には電話はこの在籍確認だけではありません。通常次の2つの電話で本人確認の補完を行っています。

  • 自宅への申込確認電話
  • 勤務先への在席確認電話

在席確認いついては先ほど説明しましたが、自宅への申込確認電話と言うのは、申込みを受け付けたが本当に申込みをしたかどうかを確認するための電話です。実際に申込んだ人が誰かを偽って申込んでいては困るのでこの確認が行われます。

もしこの確認電話に出られなければ、必要書類が揃っていたとしても、本当に申込みが行われたかどうかわからないため、審査に進むことができません。そのまま審査は否決となって終わる可能性も有ります。

もし自宅に電話が掛るのは困るという場合には、申込時に連絡先を携帯電話にしておけば自宅の電話にはかかりません。申込時の情報入力には十分注意してください。

在籍確認ができない時は在宅確認になる

もし仕事を自宅でやっているような場合や専業主婦が申込んでいて勤務先というものが無い時には在席確認が行えませんが、それに代わって自宅のほうに電話が入って在宅確認が行われます。

職場であれば電話が鳴れば誰かが受けるでしょうが、自宅の場合には不在になることも有るので在宅確認が行われそうな場合には必ず在宅しているようにして下さい。

現在では審査時間が非常に短縮されており、バンクイックも最短30分で審査を終えると言っている為、こういった電話による確認も申込みの後すぐに行われる可能性が高くなります。

順番で言えば申込後すぐに自宅への申込確認の電話が有り、その後30分以内程度で在席確認あるいは在宅確認が行われると考えてよいでしょう。

ただし、想定される時間に在籍あるいは在宅が難しい場合には、自宅への申込確認の時点で在籍あるいは在宅確認の時間について相談しておくことができます。

なるべく早く融資を利用したい

バンクイックでなるべく早く融資を利用したいという場合にお勧めなのがテレビ窓口の利用です。三菱東京UFJ銀行のATMコーナー等に行くとATMの端っこのほうにテレビ窓口が用意されています。

そのテレビ窓口を利用すれば申込みからカードの発行まで一気に行うことができます。時間的には審査が最短で30分ですから申込みからカードを受け取るまでを考えると最短40分程度と考えられます。

これでカードが受け取れれば隣のATMを利用してすぐに融資を受け取ることができるようになる訳です。最短で40分ですから多少遅れるとして1時間程度見ておけば良いのではないでしょうか。

ただしその場でカードを受け取れるのは身分証明書として運転免許証を提示した場合だけになりますので、すぐ利用を考えている場合には注意が必要です。

在席確認時に勤務先に不在となっていた場合

もし在席確認の時に勤務先に不在になってしまった場合にはどうなるでしょうか。先ほど申込みの確認電話には出なければ審査が行われないと言いましたが、在席確認はそういうことは有りません。

在席確認と言うのは申込者が本当にその職場に在籍していることが分れば良い訳ですから、実際に電話に出た人が在籍している旨を伝えるだけでも確認としては有効になります。

もちろん他の人任せと言うのは不安ですから、できれば自分で応答したほうが良いのですが、会社勤めでは何が有るかわかりません。急に出張に出るということも十分考えられることです。

そういう場合でも在席確認と言うのは確認さえ取れればもう掛ってくることは有りませんので、不安がらず安心して審査結果の連絡を待つようにしましょう。

借入希望額によっては収入証明書が必要!何が利用できるのか

申込時に必要になる書類としてはこの他借入希望金額によっては収入を証明する書類が必要になります。この書類には源泉徴収票や住民税決定通知書等が利用でき、これ等が無ければ確定申告書でも構いません。

またバンクイックでは専業主婦でも利用できますが、その場合には配偶者の収入が前提になるため、やはり借入希望金額によっては収入を証明する書類の提出が要求されることがあります。

ただし専業主婦の場合それほど大きな金額を希望する人はまずありません。

これらによって三菱東京UFJ銀行はバンクイックの借入に対する返済の可能性を審査しますが、審査に通過したとしても、自分が本当に返済して行けるのかどうか、その可能性について検証しておくようにしましょう。

バンクイックで利用出来る収入証明書

バンクイックでは借入希望が200万円を超える場合に収入を証明する書類の提出を要求しています。この収入を証明する書類はつぎのようなものを利用することができます。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 納税証明書
  • 確定申告書

会社員であれば毎年会社のほうから渡される所得と源泉所得税が書かれている源泉徴収票が最も手っ取り早いはずですし、自営業者であれば毎年確定申告を行うはずですから、確定申告書の控えは必ずあるでしょう。

会社員で、もし源泉徴収票がどこに行ったか分からないという人は会社に申請すればすぐに発行してもらえるはずです。

また自営業者で確定申告書が無いのであれば役所に行って納税証明書を発行してもらいましょう。ただし確定申告書はあったとしても税務署印の押印が無ければ無効ですから必ず申告の時にもらっておきましょう。

専業主婦(夫)の場合には配偶者の収入を証明する必要が有る

カードローンは安定した収入が無ければ借りることは難しくなります。こういう意味で専業主婦の場合には申込みを断っているカードローンがたくさんあります。

しかしカードローンによっては配偶者に安定した収入が有れば専業主婦であっても融資するという場合も有り、バンクイックもこのような方法で専業主婦に対して利用を可能にしています。

ただしこの場合には、配偶者が専業主婦の借入に対する返済の保証をするという形になりますから、配偶者側の収入を証明する必要がでてきます。

借入希望が200万円以内であればやはり収入の証明書は不要ですが、それを超える場合には必要ですから、用意しておきましょう。

また配偶者の方の収入が不安定ということになると、バンクイックを申込んだとしても、返済能力に疑問符がついてしまい、返済不能と判定され審査が否決になることも有ります。

自分で収入から返済可能性を探ってみよう

ただし、審査に通ったからと言って返済が確実にできるかと言うとそうではありません。金融機関の審査と言うのは年収額から返済の可能性を探ります。要は一般的な生活を営む金額の上に返済額を加算して返済できるかどうかを見るわけです。

しかし申込者が一般的な生活を営んでいるかどうかまでは、金融機関では判断できません。判断できるとすれば自分だけです。そこで審査が通ったとしても、実際に利用する前に自分が返済できるかどうかを見極める必要が有ります。

そのためにはローンの返済は月毎に行いますから、自分の家計を見て返済できるだけの余裕が毎月有るのかどうかを確認してみることが必要です。できれば1年程度遡って月々どの程度の余裕が有るのかを調べてみてください。

もしそういった余裕が無ければ返済を行うことができないため、カードローンの返済を滞納することになるかもしれず、そうなれば信用は失墜し当分どんなローンも利用できなくなってしまう可能性も出てきます。

返済の可能性の確認

返済の可能性の確認では月々の収支を計算する必要が有ります。収支は収入から支出を引いたもので、その結果がプラスであればその月は黒字が出ているということになり、その黒字が返済額を上回っていれば返済が可能ということです。

もし返済額を下回っていたり、収支がマイナスで赤字と言ういことになれば、返済は難しくなります。

そこで給与明細と家計簿から過去1年分月々の収入と支出を抜き出して収支を計算してみてください。常に返済額を上回る黒字が出ていれば借入しても返済は可能だと考えられます。

もし支出額は管理していないというような人は、お金を借りるのは時期尚早です。まずは自分のお金が管理できて初めてお金を借りることを考える資格ができると思うようにして下さい。

ここでバンクイックの必要書類について纏めておきます。

  • 一般的にカードローンには申込みに際して身分証明書等が必要になる
  • バンクイックでは運転免許証やパスポート以外にも身分証明書として利用出来る書類が有る
  • 本人確認では身分証明書の確認の他に在籍確認が行われることになる
  • 借入希望額が200万円超になる場合には収入証明書が必要になる

本人確認は最も重要な審査項目ではありますが、本人が申込んでいれば特に問題になるような審査ではありません。虚偽の情報で申込んだりしないようにして下さい。

新着記事
TOPICS