> > バンクイックで借りたい人必見!審査に通りやすいのはこんな人

バンクイックで借りたい人必見!審査に通りやすいのはこんな人

三菱UFJ銀行のバンクイックと言えば、業界の中でも最大手と言ってよいカードローンの1つです。お金を借りるなら、バンクイックを利用したいと考えている人も多いでしょう。

そこで気になるのが、バンクイックの審査が他と比べて厳しいのか、甘いのか、また、自分の条件でも審査に通るのか、ということではないでしょうか?いざ申し込んでみても、審査に通らず借り入れができないようでは困ってしまいますよね。

そこでここでは、バンクイックの審査について、審査に通りやすいのはどんな人なのかということにスポットを当てて詳しく解説していきたいと思います。

意外と審査緩い!?消費者金融よりもバンクイックで借りるべき人とは

バンクイックに限らず、銀行カードローンというと、なんとなく消費者金融よりも審査が厳しいというイメージがある方も多いかもしれません。

確かに、銀行カードローンは全体的にやや審査基準が厳しめに設定されている傾向があるのは事実です。ただし、それはあくまでも1つの傾向であり、必ずしもすべての銀行が消費者金融より審査が厳しいというわけではありません。

実際、バンクイックも銀行カードローンの中では、比較的借りやすい部類に入ると言えるでしょう。消費者金融と比べて、極端に審査に通るのが難しいということは決してありません。

また、利用者の状況によっては、むしろ消費者金融よりもバンクイックのような銀行カードローンの方が借りやすいというケースもあるのです。具体的には、以下のような人がそれに当てはまります。

  • 配偶者に安定した収入がある専業主婦(主夫)
  • 50万円以上200万円以下のやや高額な借り入れを希望している人

この2つのケースでは、確実に消費者金融よりもバンクイックを利用する方が借り入れのハードルは低くなります。そこには《総量規制》という同じ法律上の仕組みがかかわってくるのです。

銀行はなぜ対象外?総量規制の基本の仕組み

キャッシングなどの借り入れサービスについて多少なりとも知識がある人なら、総量規制という言葉を聞いたことがある人も少なくないと思いますが、ここで簡単にその基本的な仕組みを説明しておきましょう。

総量規制とは…

キャッシングなどの借り入れサービスでの個人の借入額を、原則として本人の年収の3分の1までと制限する貸金業法の中の取決めのこと。

これに伴って、1社で50万円、他社と合計で100万円を超える借り入れをする場合には、収入証明書類の提出が必須となる。

この総量規制という仕組みを含む貸金業法は、消費者金融やクレジットカードのキャッシングサービスなどの貸金業者を対象にしているものです。

ただし銀行は、銀行法というまた別の法律の規制下にあるため、貸金業法の効力が及びません。

したがって、銀行が取り扱っているカードローンは、キャッシングと同様のサービスでありながら、貸金業法、ひいては総量規制の完全な対象外になるのです。

【関連記事】
バンクイックの上限を極限まで高める!総量規制3分の1との関係とは

主婦も高額借り入れ希望者も!バンクイックのが借りやすいかも!?

主婦や200万円以上の高額借り入れ希望者がバンクイックで借りやすいのは、いずれも総量規制の対象外である銀行カードローンだからこそです。

まず、本人に現金収入のない専業主婦は、総量規制の仕組みを考えれば1円もお金を借りることはできません。

正確に言えば、配偶者の収入と合算した金額の3分の1まで借り入れができる《配偶者貸付け》というお金の借り方もあるのですが、実際にその方法で専業主婦に融資を行っている消費者金融は非常に限られています。特に大手の業者ではほとんどありません。

一方で、総量規制の対象外になる銀行カードローンでは、収入0円の専業主婦でも配偶者の条件次第ではそれなりの金額を借入することができる業者が少なからず見つかります。バンクイックもその1つなのです。

また、50万円を超える高額借り入れをしようと思うと、総量規制の対象となるキャッシング業者では源泉徴収票や納税証明書などの収入を証明する書類を提出しなければなりません。この類の書類は常に持ち歩いているものではないので、準備が必要となり非常に面倒ですよね。

その点、銀行カードローンではそれぞれの業者が任意で収入証明書類の提出が必要な借り入れ額を設定しているのですが、たいていの場合100万円を下回ることはありません。バンクイックでも、200万円までの借り入れなら収入証明書類無しで利用することが可能です。

このように、バンクイックのような銀行カードローンの方が消費者金融よりも手軽に借り入れしやすいケースがあるというのは、知っておいて損はないでしょう。

アナタは当てはまる?バンクイックの審査に通りやすい3つのパターン

バンクイックのような銀行カードローンが、ウワサほど利用しにくい、審査が極端に厳しいというわけではないということが分かったところで、本題に入りましょう。

実際にバンクイックに申し込んだ場合、審査に通りやすい、借り入れをできる可能性が高いのはどのような条件の人なのでしょうか?

  • ある程度安定した返済能力がある人
  • 借入希望額が控えめな人
  • 過去・現在の他社借り入れ状況に問題がない人

以上の3つのパターンに当てはまる人は、バンクイックの審査に比較的通りやすいと考えられます。

以下に詳しくご説明しましょう。

フリーターでも問題なし!?収入は金額よりも安定性が重要

キャッシングやカードローンと言ったサービスにおいて、融資をする側にとって何よりも重要なのは、《貸したお金がきちんと返ってくること》です。どんなにたくさんお金を貸しても、それが確実に利息を乗せて返ってこなければ、業者は1円も利益を得ることができません。

したがって、バンクイックのようなカードローンの審査では、長期にわたる毎月の返済を確実に完済まで続けていくことができる《安定した返済能力》が非常に重視されるのです。

となると、収入が高い方が有利なのでは?と思うかもしれませんが、一概にそうとも言い切れません。

確かに収入の高さは審査においてプラスになる条件の1つではありますが、返済能力の評価はそれだけでは決まりません。雇用形態や勤続年数、本人の年齢や既婚・未婚など、他にも様々な評価項目があるのです。

すべての項目の総評価がバンクイックの基準に満たなければ、どんなに収入が高くても審査に通らないことはあり得ます。例えば収入が大きく変動しやすい自営業者などは、年収基準で考えれば高収入でも、安定性が低いのでカードローン審査には通りにくいとされています。

逆に、収入が低くなりがちな非正規雇用のフリーターでも、1つの会社で長く働いていて毎月ある程度一定の収入を得ているなど、総合的にみて安定した返済能力が期待できると評価されれば、それなりの金額を借入することができるのです。

返済能力に自信なし…それなら借入希望額は控えめが吉!

審査の通りやすさを左右する要素の1つに、借入希望額をどのくらいで出すかということがあります。

借入限度額は高ければ高いほど便利ですから、ついつい借入希望額を高めに記入してしまいがちですよね。しかし、具体的に必要な金額が決まっているわけではなくて、審査に通ることをまずは優先したいのであれば、借入希望額は10万~20万円程度の低めで出すことをおすすめします。

というのも、借入額が高額になるということは、それだけ毎月の返済額も高くなり、返済期間も長引く可能性が高いということです。したがって、審査基準もその分、厳しくなることが想定されます。

しかも、その借入希望額が業者から見て、本人の返済能力と大きくかけ離れた金額であった場合、《現実的な金銭感覚が無い》《よほどお金に困っていて無理な借入希望を出している》とみなされて、それだけで悪印象を与えてしまいかねないのです。

審査に通って契約さえしてしまえば、借入限度額は後から増額希望を出すことも可能です。必要な金額が決まっている場合はともかく、そうでなければ、まずは借入希望額を低めに出して審査のハードルを下げておいたほうがよいでしょう。

過去も現在も超重要!他社借入が審査に与える影響

他社で過去にお金を借りたことがある、あるいは現在借りているという場合、その借入状況がバンクイックの審査に大きく影響することになります。

まず、過去に他のキャッシングやカードローンを利用したことがあるというケースでは、何のトラブルもなく完済できていれば全く問題はありません。むしろ、《借りたお金をきちんと返した実績がある》ということで、プラスの評価につながることが想定されます。

しかし、もし借り入れを延滞したり、完済できずに債務整理をした経歴があると、いわゆるブラックとなり、バンクイックを含めすべての借り入れ審査に通らなくなってしまいます。

また、現在他社で返済中の借り入れがあるという場合には、その返済状況に関わらず審査に悪影響を与えることになります。

基本的に、複数のキャッシングなどでお金を借りている人というのは、業者からすると非常にリスキーな利用者です。1社で借入できる金額でやりくりできないというのは、それだけお金に困っている可能性が高いということですし、複数の借金を同時進行で返していくので、返済難に陥る危険性は通常より高くなります。

同時に借り入れをしている業者の件数が多くなるほど、バンクイックの審査では不利になります。

1、2社程度であれば、まだ条件次第では審査に通る可能性もあるかもしれませんが、3社、4社となってくるとまず借り入れはできないでしょう。

ブラックは絶対ばれる!他社借り入れ状況を暴く信用情報とは

過去の借入歴や現在の他社借り入れは、自分が黙っておけばばれないのでは?と思うかもしれませんが、残念ながらそうはいきません。信用情報があるからです。

信用情報とは…

個人の信用取引(キャッシングなどの融資サービスやクレジットカード)での利用状況を、詳細に記録したデータのこと。3つの指定信用情報機関で管理されている。

本人だけでなく、新たに信用取引を検討している企業も情報照会を行うことができる。

この信用情報は、当然バンクイックの審査の際にも必ずチェックされます。したがって、本人が黙っていても、過去から現在に至るまでの借り入れ状況は一目瞭然というわけです。

特に、上でも少し触れたブラックに該当するような行為は、信用情報上では事故情報として登録されます。

業者によって加盟している信用情報機関が異なるので、利用する業者によっては過去の借入歴がすべてはわからないということもあるのですが、事故情報に関しては3つの信用情報機関同士で情報共有するシステムがあるため、どこに情報が登録されていてもわかってしまいます。

もし不利な情報を隠していても、確実にばれてしまうだけでなく、隠そうとするという行為はさらなるマイナス評価につながります。過去・現在の他社借り入れ状況は必ず正直に申告するようにしましょう。

銀行だけど借りやすい!やっぱり借りるならバンクイック

それでは最後にバンクイックの審査についてまとめておきましょう。

  • 総量規制対象外なので、専業主婦や200万円までの借り入れ希望者には消費者金融より利用しやすい
  • 安定した返済能力がある人、借入希望額が控えめな人は比較的審査に通りやすい
  • 過去~現在までの借り入れ状況に問題がない人も審査に通りやすい
  • 信用情報をチェックされるので、他社借り入れ状況を隠しておくことはできない

こうしてみると、バンクイックの審査はけっして極端に厳しいものではないということがおわかりいただけますよね。

銀行カードローンでありながら幅広い人が利用しやすいというのも、バンクイックの人気の理由の1つなのです。興味がある方は、ぜひ思い切って申し込んでみてはいかがでしょうか?

新着記事
TOPICS