> > バンクイックの審査での在籍確認のタイミングはいつ?不在ならなし?

バンクイックの審査での在籍確認のタイミングはいつ?不在ならなし?

在籍確認は職場に電話がかかるため、あまり利用者には歓迎されていませんが、申込みがインターネット経由などで行われる事が多くなり、本人を確認するための手順として大変重要な意味を持っています。

三菱東京UFJ銀行のバンクイックというカードローンもやはり審査では在籍確認が行われますが、最近では審査時間が非常に短くなっている為、申込みを行うとすぐに在籍確認が行われることになります。

ただし、バンクイックの場合には申込みを行った時点で指定した連絡先に申込みの確認が行われ、その時点で在籍確認の時間などを指定することも可能なので、いつ掛ってくるのか分からないというような事は避けることができます。

在籍確認は何のために行われるのか?その必要性とは?

カードローンは対面での申込みが少なく、本人確認書類だけでは本人確認が不十分になるため、勤務先への在籍確認を行うことで、本人確認を補完し、更に申込み情報に虚偽の記載が無いかどうかの確認も行っています。

一般的には在籍確認は申込み情報に記載した勤務先に対して電話で行われますが、通常消費者金融の場合には担当者名で、銀行の場合には銀行名で行われています。電話では申込み情報に記載したような簡単な質問を受けることも有ります。

バンクイックの場合も一般的な銀行と同じように銀行名で電話がかかることになります。電話では特にカードローンの在籍確認のための電話とは言いませんから誰が電話を受けたとしても銀行名以外は分かりません。

在籍確認の目的

金融機関は融資を行う際、利用者の信用を調査して融資の可否を決めています。これが審査と言われるものでカードローンでも申込の際などに行われています。この審査では次の3点について確認が行われます。

  • 申込者が本人であること
  • 申込者に返済能力が有ること
  • 申込者が返済してくれると信用できること

このうち1点目が本人確認と言われるものです。この本人確認は申込時に申込み情報と一緒に提出することになる本人確認書類によって行われます。

本来は窓口で対面して書類と突き合せる形で行われる前提のものですが、カードローンの場合実際には窓口での申込みの数は、全体から見ると僅かで、書類による本人確認は十分機能していません。

そこで金融機関は、この書類による本人確認を補完する確認が必要になり、これが在席確認と呼ばれるものによって行われています。

在席確認は本人確認の一環であるだけではなく、申込情報で審査に有利になるように勤務先を変えるといった虚偽の記載がないかなどを確認する目的も含まれています。

返済能力と信用の評価
本人確認では特に誰かを詐称でもしていなければ審査で問題になることは有りません。従って審査通過のために重要なのが返済能力と信用ということになります。

返済能力の審査では次の2点が確認されます。

  • 一定以上の年収が有ること
  • 安定した月収が有ること

一定以上の年収と言うのは一般的な生活を送って更に返済に回せるだけの収入が有るのかを判断するもので、以前は200万円と言われていましたが最近は景気も悪く年収が減少している為、もう少し低額になっていると思われます。

重要なのは年収よりも月収の安定性で、年収が大きかったとしても、月収が不安定な場合には審査には通過しません。

信用については信用情報を検索して過去に金融事故など問題を起こしていないかが確認されます。ローンの滞納などが有った場合には、審査に通過するのは難しくなってしまいます。

一般的な在籍確認の方法

通常在籍確認は申込情報に記載されている申込者の勤務先に対して電話で行われます。

これは銀行のカードローンでも消費者金融のキャッシングローンでも同じで、審査開始時あるいは審査中、場合によっては他の審査項目の確認が終わってからと言うように金融機関毎に行われる契機が少しづつ違います。

消費者金融の場合には消費者金融が一般的に毛嫌いされていて利用していることが周囲に知られては困るという人が多いために、電話での名乗りは消費者金融名ではなく担当者の個人名で行われます。

これによって勤務先で誰が電話に出ても消費者金融からの電話ということが分かることが無いようになっています。

銀行の場合には各行で違いが有り、消費者金融と同じように担当者の個人名で行われることも有りますが、多くの場合には銀行名で掛ってきます。

バンクイックの在籍確認は銀行名で行われる

三菱東京UFJ銀行のバンクイックの場合でもやはり在席確認は銀行名で行われます。

銀行と消費者金融の大きな違いは、銀行は社会的に最も大きな信用のある会社という認識が有り、一方の消費者金融はやはり以前のサラ金のイメージが払拭しきれておらず信用できる会社のイメージとはかけ離れた印象を与えることです。

しかも銀行はローンという借金を利用する場合だけではなく、預金その他多くの業務を持っており、電話がかかってきても特に周囲に気を使う必要が有りません。

またバンクイックはメガバンクの一角を占める三菱東京UFJ銀行の商品ですから、銀行名を名乗られても借金の在席確認と考える人はまずいないでしょう。

【関連記事】
バンクイックの本人確認はどう行われる?自宅に電話連絡ってあるの?

バンクイックの在籍確認のタイミングはいつ?不在でも構わない!

在籍確認のタイミングというのは審査の最初だったり、他の審査項目を確認してからだったりとカードローンそれぞれで違い、いつ行われるのかは一概には言えません。

バンクイックの在籍確認は申込後の審査中に行われる事になっています。

ただし、最近では審査が最短30分などと言われるようになって、審査時間が極端に短くなってきている為、審査のどの時点で行われるにしても、申込後そう時間を置くことなく、勤務先への在籍確認が行われることになります。

ただしバンクイックの場合には、審査前に申込みの確認ということで自宅など申込時に指定した連絡先に対して電話が入り、この時点で在籍確認のための電話の時間について希望を伝えることができますので必要が有れば時間を指定してください。

バンクイックの在籍確認は審査中に行われる

バンクイックの在席確認は審査の最後と言うわけではなく、審査中の任意の時点で行われています。

このため在席確認後にも審査が継続されていると考えることができます。

このためよく言われるように在席確認が来れば、審査には通ったと考えてよいということはありません。

確かに審査の最後に在席確認が行われるというのであれば、在席確認で問題が無ければ、そういったことも言えますが、在席確認後も審査項目が残っていればそこで問題が発覚する可能性が有ります。

したがってバンクイックについては在席確認が有ったとしても審査通過の確認が取れるまでは安心はできないということです。じっくり待つことも必要です。

審査時間が短くなっている為申込みを行えばすぐに在籍確認が行われる

ただし、現在ではカードローンの審査時間が短くなっており、バンクイックでも最短30分と宣伝しています。したがって、余程申込者が立て込んででもいなければ、審査は申込後すぐに開始されると考えて間違いはありません。

したがって、在席確認が行われる時期としては、申込後すぐに行われてもおかしくありません。ただしバンクイックの場合にはここまで進むまでに手順が有ります。

バンクイックの場合電話はこの在籍確認だけではなく、自宅などの連絡先に申込みの確認の電話が行われることになっています。つまり次のような手順で進みます。

申込み

 ↓

申込確認電話

 ↓

審査開始

 ↓

在席確認

 ↓

審査終了

このため時間的に考えると、申込みの直後に申込みの確認電話が有り、更に時間を置かずすぐに在席確認が行われる可能性が有るということになります。

申込確認電話
バンクイックの申込確認電話は連絡先に行われる事になっていますが、通常この連絡先電話は自宅の固定電話にしておく人が多いようです。

在席確認は不在でも在席さえ確認できれば構いませんが、この申込確認電話の場合には、本当に申込みを行ったかどうかを確認するためのもので、これが確認できなければ申込みは進行しませんから審査にも入りません。

いつまでも確認できなければ審査自体が否決とされてしまう可能性も有ります。したがってこの電話には必ず対応しなければなりません。

もし家族に内緒で申込みを行っているのであれば、連絡先を自宅ではなく自分の携帯電話などにしておいたほうが、知られる可能性は低いでしょう。

希望の時間を予め指定しておくこともできる

ただし、これでは時間的に困るということであれば、在席確認電話の希望時間を申込みの確認電話の時点で指定することができます。つまり自宅で申込みを行ったあと、在籍確認は出社後、自分が在籍している時間にしてもらうことも可能です。

そういう場合には最短30分と言うわけにはいきませんが、自分が在席していない時間に在籍確認が行われるといったようなことはなくなるため、安心して待つことができるでしょう。

ただし在籍確認と言うのは、申込者がその勤務先に在席していることを確認できれば良い訳で、本人が不在だったとしても、電話に出た人が在席を証明してくれれば、それで確認が終了します。

したがって不在のために何度も三菱東京UFJ銀行から電話がかかる心配はありません。何度も掛ってしまうと、いくら銀行でも変に思う人もいるかもしれませんが、そういうことはないので安心してください。

在席確認は自宅と言う場合も有る!場合によっては行われない事も有る

在籍確認と言っても会社員ではない場合には勤務先というものが有りませんから、在籍確認と言うわけにはいきません。このため例えば自営業者などの場合には、自宅に対して在籍確認と言うよりも在宅確認と言う形で行われます。

また専業主婦が申込んだ場合、返済の元になるのは配偶者の収入になるため、確認としては配偶者の方の在籍確認になるのかと考える人もいますが、実際に行われているのは専業主婦側ということになり、やはり在宅確認が行われます。

また、在籍確認と言うのは必ず行うと言われているわけではなく、借入希望額が少額の場合で、三菱東京UFJ銀行側が不要と判断すれば、在席確認のための電話は掛らないという場合も無いとは言えません。

自営業者は在宅確認になる

在席確認は勤務先に行われると説明しましたが、それでは勤務先が無い場合、あるいは自宅が勤務先と言う場合にはどのように行われるのでしょうか。その場合でも基本的には在席確認が行われます。

在席確認と言っても、自宅にいるわけですから、実質的には在宅確認ということになります。

事業所などを持たず、自宅で事業を行っているような自営業者の場合には、この在宅確認が在籍確認と同じ意味を持つわけです。

三菱東京UFJ銀行側は、あくまで申込時に入力した情報に基づいてそこに嘘偽りがないかどうかを確認している為、特に在席確認が在宅確認になっても、審査での扱いは変わりません。

ただし、自営業者の場合には返済能力などで会社員よりも評価が厳しくなるのでそちらの点に気を使うべきでしょう。

専業主婦は安定収入のある配偶者とどちらに掛ってくるのか

バンクイックは無職で収入が無い場合には申込みができませんが、例外として専業主婦(夫)の借入れを認めています。

ただしこれには前提が有って配偶者に安定した収入が有ることが必要です。要するに専業主婦の場合には配偶者が実質上の保証人のような形で融資が行われるというわけです。

そこで問題なのがどこに在席確認が行われるのかということです。この場合考え方は次の2通りです。

  • 申込者本人に行う
  • 返済の元になる収入のある配偶者に行う

意見の分かれるところですが、バンクイックの場合には在席確認は申込者側である専業主婦のほうに行われます。

もちろんこの場合も勤務先は有りませんから、在宅確認ということになります。

ただし審査では配偶者側の返済能力等についても確認が行われることになりますから注意が必要です。配偶者側にも返済能力が不足しているということになると審査通過は難しいでしょう。

申込み内容によっては在籍確認電話が行われない場合もある

このように多くの場合には在席確認が行われますが、バンクイックの説明を読むと、必ず在席確認を行うとは言っておらず、場合によっては在席確認が行われないことも有るようです。

この場合も申込みの確認は行われ、申込みで希望する借入額が少額で、記載された収入も、勤務先から考えて妥当だった場合には、在籍確認が省略されると言われています。

ただしどういった時に省略されるのかは、内部規約によるため、外部からははっきり断言することができず、バンクイックを申込んだら在席確認は行われるものとして考えておいた方が無難です。

何も隠していなければ在席確認が行われても何ら問題はないはずですから、心配をしないで堂々と電話を受けてください。

在席確認での質問
在席確認では、本人を確認するために簡単な質問が行われることが有ります。ただし、これは質問者側も確認ができなければはじまりませんから、申込時に入力するような基本的な内容しか聞かれることは有りません。

例えば生年月日などが聞かれるわけです。質問と言うと聞かれる方はビクビクしてしまって、何を聞かれるのか心配で仕方がないというような人もいますが、本人であれば答えられないようなことは聞かれませんから安心してください。

注意が必要なのは、あがってしまってこういった質問への答えがうまく言えなかったりすると、周囲が変だと感じることになって、ここからカードローンの申込みだということがわかってしまう可能性が有ることです。

別に上がってしまう必要などないので、いつもの電話の口調で話すようにしてください。

周囲に知られたくない為在籍確認を避けたい!バンクイックでは難しい

また借金をするのを周囲に知られたくない人で、職場でも周囲にはどうしても知られるわけにはいかない場合には、金融機関側から掛ってくる在籍確認電話を避けたいと思っている筈です。

しかし現在の所バンクイックを含めて殆どのカードローンでは安全な融資を行うにはどうしても在籍確認を行う必要が有ると考えています。ただし最近では極一部のカードローンでは電話を利用した在籍確認を行わない場合も出て来ています。

ただし在籍確認の電話と言うのは単に銀行名を名乗っているだけですから、例えば預金の話などの場合も有るので、電話が有ったからと言って即カードローンを連想するわけではありません。

したがって在籍確認が行われても何の電話なのかわかってしまうような事はまずありません。

バンクイックの在籍確認は申込者側で断ることはできない

日本人と言うのは借金をするということがまだまだ良いこととは思わないという考えが根底にあるため、周囲に借金をしていることが知られるのをどうしても嫌う傾向が有り、確かに周囲もあまり良い印象は持ちません。

このため在席確認でも、まず周囲に知られてしまうのではないかと考えるのが、多くの利用者に共通しています。ただし実際には金融機関の方で気を使って個人名で電話したりして配慮している為周囲に知られるような心配は必要なありません。

利用者としては特にバンクイックのように申込みの確認電話が有るような場合には、改めて勤務先への電話は必要なく、断れないかと考える人も多いでしょう。

しかし在席確認の目的を思い出してみてください。在籍確認は本人確認の補完的意味が有り、金融機関としては利用者の言うがままに省略などできないのです。

カードローンの中には在籍確認の電話が無いものも有る

もしどうしても在席確認は困るという時には、バンクイックの利用は難しくなります。その場合には、他のカードローンの検討をする必要が有りますが、それでも在席確認が駄目となると選択肢は狭まります。

ただし一部の消費者金融では、在席確認自体は行うものの、方法として勤務先への電話連絡ではなく別の条件を満たせば良いというものがあります。

そういう場合条件としては、例えばWeb上で申込みから利用までを行い、指定した銀行に普通預金口座を持っていること、というようなものが有り、この場合、普通預金口座の開設時に本人が確認されているという前提で成り立っています。

問題はこういった在席確認での勤務先への電話が無いようなカードローンは非常に数が少ないということです。

カードローンと言うのは自分の使い勝手が非常に重要です。選ぶ場合にも多くのカードローンの中から自分向きのものを選んだほうが良いものが選べるはずです。

したがって、在席確認の電話が無いという観点で選んでしまうと、選択肢が少なくなり、なかなか自分向きのものが選べなくなってしまうのです。

在籍確認電話が有ってもまず周囲に借金がバレることは無い

よく考えてみてください。在籍確認電話があったとしても、長くても数分で終わってしまいます。しかもそれが借金の在席確認だということは電話を逐一聞いている人がいるとしてもまず分りません。

要するに電話ではこの電話は在籍確認の電話ですなどとは誰も言いません。本人だということを確認して必要なことを聞けば、それで終わりです。必要以上に意識する必要はありません。

したがって周囲も在席確認が行われているなどとはまず思わないでしょう。ですから、バンクイックが良いと思って選んだのであれば、在席確認が有るからというような理由で利用を止めてしまう必要などないのです。

虚偽の内容で申込みをしていない限り、在籍確認で審査に落ちてしまうような事はないので、落ち着いて対応するようにして下さい。

ここでバンクイックの在席確認のタイミングについて纏めておきます。

  • 在席確認は本人確認の補完として金融機関は重要視している
  • バンクイックの在席確認は審査中に行われる
  • 自宅で仕事をしているような場合には在宅確認になる
  • 周囲に知られないために在席確認を避けたい場合にはバンクイックでは無理

始めてカードローンを申込む人の場合必要以上に在籍確認を警戒しますが、実際にはすぐに終わってしまいますし、周囲には分りませんから、それほど心配するような事ではないのです。

新着記事
TOPICS