> > カードローンならバンクイック!消費者金融大手アイフルとの比較は?

カードローンならバンクイック!消費者金融大手アイフルとの比較は?

カードローンを申込む時、カードローン会社をどこにするかが大きな問題ですね。まず考えるのが銀行のカードローンにするか消費者金融のカードローンにするかではないでしょうか。カードローン選びの一番のポイントは安心して申込めるかどうかです。

安心して申込む為には銀行、消費者金融のカードローンの、それぞれどのようなところを確認すべきなのでしょうか。今回は銀行のカードローンであるバンクイックと大手消費者金融のアイフルのカードローンについて、その違いを分かりやすく解説しています。ぜひカードローン選びの参考にして下さいね。

バンクイックは三菱東京ufj銀行のカードローン!その特徴は?

バンクイックというと三菱東京ufj銀行のカードローンですが、どのような特徴があるのでしょうか。まずはバンクイックの特徴から挙げてみましょう。

  • どこよりも低金利を実現
  • 迅速な審査と即日融資
  • ATM使用料が無料

バンクイックの金利はなんと1.8%~14.6%という、カードローンでは今までにない程の低金利を実現しています。

もちろん借入限度額による金利設定ですが、銀行のカードローンの中でも確かに低い設定ですよね。

限度額 実質年率
10万円~100万円以下 13.6%~14.6%
100万円~200万円以下 10.6%~13.6%
200万円~300万円 7.6%~10.6%
300万円~400万円 6.1%~7.6%
400万円~500万円 1.8%~6.1%

限度額に対する実質年率は上記表の通りです。高額の借入では低い金利なのがわかりますが、100万円以下は通常の銀行のカードローンと同様の実質年率となっていますね。

バンクイックは銀行のカードローンとしては迅速な審査に定評があります。申込時間にもよりますが、最短で30分の審査回答が可能なのです。

テレビ窓口なら最短40分でカード発行も可能、即日融資ももちろん可能ですよ。

【関連記事】
営業時間は?在籍確認は?バンクイックのテレビ窓口を使いこなす!

銀行のカードローンとしては珍しく、ATMの使用手数料が無料というのも大きな特長のひとつです。借入のみでなく返済の手数料も無料なのはうれしいですね。

銀行と消費者金融の大きな違いはここ!アイフルと比較してみた

それでは次にバンクイックと消費者金融はどのようなところに違いがあるのか、大手消費者金融のアイフルを例に貸付条件、申込条件などを比較してみましょう。

バンクイック アイフル
実質年率 1.8%~14.6% 4.5%~18%
借入限度額 10万円~500万円 500万円以内
返済方法 自動振替返済

ATMでの返済

振込返済

自動振替

ATMでの返済

振込返済

専業主婦申込 配偶者に収入あれば可 申込不可
収入証明書 200万円以上 50万円以上

他社合計限度枠100万円以上

大きな違いは申込条件の専業主婦についてです。アイフルは総量規制の為に無収入の専業主婦の申込は不可となっています。

銀行のカードローンであるバンクイックは総量規制対象外の為、本人に収入がなくても配偶者に安定収入があれば申込可能です。

また同様な理由からアイフルでは50万円以上の借入、または他社の限度枠合計が100万円以上の場合は収入証明書が必要となりますが、バンクイックでは200万円以内の借入では収入証明書は原則不要となっています。

貸金業法による総量規制がバンクイックは対象外であることが大きな違いとなっています。収入のない専業主婦はバンクイックへの申込がお薦めです。

カードローンバンクイックを上手にお得に使う為に

バンクイックは様々な特長を備えたカードローンです。中でも借入時、返済時のATM使用手数料が無料というのはお得です。また一括返済も三菱東京ufjのATMで行えるのも大きなメリットです。一括返済はアイフルでも行えますが、ATMでの一括返済は出来ません。アイフルの店舗か口座振込のみとなります。

銀行のカードローンでありながら一括返済も比較的簡単に行えることで、バンクイックをよりお得に利用することが出来るのです。どのようなお得な利用法があるのか例を挙げてみましょう。

バンクイックなら利息は借りた日にちだけ

バンクイックは借入した金額を一括返済することが可能です。例えば土曜日に食事に誘われたけれど、手持ちのお金がないという場合、キャッシュカードで引出すと、土日は手数料がかかります。そんな時バンクイックを利用しましょう。バンクイックで1万円借入し月曜日に一括返済すると利息は次のようになります。

10,000円×14.6%÷365日×2日=8円(実質年率14.6%の場合)

月曜日に10,008円を一括返済すれば、預金を引き出す手数料を払うよりもお得になります。ただし、硬貨での返済が可能なATMは限られるので注意が必要です。

その他にも、今だけ特別価格というツアーやお買い得な商品などは、給料日まで待たずに購入し、給料日に一括返済すると利息を支払ってもかなりお得ということも多いのです。

バンクイックへの申込みから融資までの流れ

バンクイックと消費者金融アイフルの違いについて、またバンクイックの特長やお得な利用方法についておわかり頂けたでしょうか。それでは最後にバンクイックへの申込から融資までの大まかな流れについてお話していきましょう。

  • インターネットで申込
  • テレビ窓口で申込
  • 電話で申込

インターネットでの申込

1インターネットで申込む→2審査、審査結果連絡→3契約→4カード受取、融資

インターネットで24時間いつでも申込めます。審査から審査結果連絡まで申込時間にもよりますが最短30分という迅速さです。契約はテレビ窓口と郵送FAXで行うことが出来ます。即日融資を希望ならテレビ窓口での契約となります。

テレビ窓口での申込

1テレビ窓口で申込む→2その場で審査→3契約カード発行融資

受付時間、審査状況にもよりますが、最短40分でカード発行が可能です。

テレビ窓口ではオペレーターと話しながら申込ができるので安心ですよ。また本人確認書類は運転免許証のみとなるので注意が必要です。

電話での申込

1電話で申込む→2審査、審査結果連絡→3契約→4カード発行、融資

電話で相談しながら申込めるので安心感があります。契約をテレビ窓口で行えば時間によっては即日融資も可能です。

以上のような申込方法がありますが、即日融資を希望でより早いカード発行を望むのなら、テレビ窓口での申込が最適でしょう。比較的混雑していない時間帯を選んで出かけるようにすれば待ち時間も少なくなります。

テレビ窓口で時間をかけたくないという場合は、あらかじめインターネットで申込み、契約のみテレビ窓口で行うと、スムーズにカード発行ができますよ。

バンクイックは銀行のカードローンですが、低金利の他にも利用しやすいメリットがたくさんあるカードローンです。自分にあった申込方法とお得な利用、そして計画的な利用で充実したカードローン生活を楽しんで下さいね。
新着記事
TOPICS