> > バンクイックは無職でも借入れできるの?収入が無ければ難しい!

バンクイックは無職でも借入れできるの?収入が無ければ難しい!

カードローンを申込むにはそれぞれ決められている申込条件を満たしている事が必要です。この申込条件の中で多くのカードローンで共通しているのが安定収入が有ることで、バンクイックも同様の条件が明記されています。

このため無職で収入が無い状態の場合には、この条件を満たすことができないため、審査を受けるどころか申込みを行うこともできない訳です。

カードローンによっては以前は資産状況で借入れできた場合も有りましたが現在では難しくなっています。

ただし、バンクイックでは、無職と言っても家計を預かっている専業主婦の場合には、配偶者に安定収入が有れば申込むことができるという例外規定が有るため、無職がすべて駄目と言うわけではありません。

申込条件を満たさなければ申込めない!バンクイックの申込条件とは

カードローンの申込みを行うためには必ずそのカードローンの申込条件をクリアする必要が有ります。条件を満たしていないのに申込みを行っても審査には通りません。

申込条件はそれぞれのカードローンで違いが有りますが、必ず入っているのが安定収入が有るかということです。

三菱東京UFJ銀行のバンクイックの申込条件としては年齢制限の他、やはりこの安定収入が有ることと言う条件が明記されている為、何らかの形で収入を得ている場合でなければ申込みをすることができません。

このため無職の場合には、たとえば安定した不労所得のようなものが無ければ、安定収入は無いはずですので、たとえ大きな資産が有ったとしてもバンクイックを申込むことはできません。

バンクイックの申込条件

カードローンの申込条件はそれぞれで微妙に違いが有るため、申込みを行う前に必ず確認して自分に申し込み資格が有るのかどうか確認する必要が有ります。条件を満たしていないにもかかわらず申込みを行っても審査には通りません。

そこでバンクイックを申込む場合にもバンクイックの申込条件の確認が必要です。バンクイックの申込条件は次のようになっておりこのすべてを満たしている必要が有ります。

  • 20歳以上65歳未満
  • 日本国内に居住
  • 安定した収入が有る
  • 保証会社の保証を受けられる

ただし配偶者に収入が有る場合も利用可能で、外国人の場合には永住許可を受けている必要が有ります。

年齢制限が65歳未満になっていますから事実上年金による収入が有っても60歳から受給しているというような場合を除いて申し込み資格が有りません。

カードローンの年齢制限

カードローンの年齢制限は各カードローンで微妙に違っています。下限は20歳以上ということで共通しているのですが、上限はバンクイックのように65歳未満と言う場合も有りますし、65歳以下としていることも有ります。

また最近では徐々にこれが70歳前後まで延びている場合を見かけるようになって来ています。これは高齢化社会を迎えて70歳程度まで仕事を続けて安定した収入を得ている場合も珍しくなくなった為ではないでしょうか。

金融機関のほうも高額の融資を行っているカードローンは65歳程度になっているものが多いですが、その他に融資は低額になりますが年齢制限を緩和したカードローンを用意している場合が有ります。

65歳を過ぎてからカードローンを探すのであれば、そういった別に用意しているようなカードローンも見逃さないように探すようにして下さい。

【関連記事】
年齢制限あり!年金受給者でもバンクイックを利用できる?

安定収入の無い無職では申込みができない

条件を見れば分かりますが安定収入が無い無職の人の場合には申し込み資格が有りません。

このため無職で申込みを行ったとしても審査を行うまでもなく審査は否決になってしまい、融資を受けることはできません。

無職と言っても最近はやりのフリーターと言う場合はどうでしょう。フリーターというのはフリーアルバイターの略で、要するに必要に応じて短期のアルバイトを行って生計を立てているというような人たちを指しています。

そこでフリーターから言わせれば収入が有るからカードローンの申込みができるはずだとなりますが、短期アルバイトの場合には、いつアルバイトを行うのか定まっておらず、決して安定した収入には入りません。

したがってこういった人たちも無職として扱われることには変わりはなく、カードローンの申込みは難しくなってしまいます。

資産が有っても申込条件を満たせないのでバンクイックの利用は難しい

以前は銀行にはカードローンのように無担保無保証人で融資するようなローンは無かったので単純に比較はできませんが、その頃も消費者金融は現在と同じようにカードを使って無担保無保証人のキャッシングローンを提供していました。

その頃はまだ貸金業法に総量規制が無く収入が無かったとしても貸金業者の判断次第で融資が可能でした。そのれでも基本的には収入が無ければ返済できませんから、無職の場合には借り入れが難しかったのは同じです。

しかし資産状況によっては無職であっても融資をしてくれる場合も有ったのです。このため今でも無職の人の中にはカードローンも資産さえあれば貸して貰えると考えている人もいます。

しかし申込条件で安定収入を前提にしている限り、資産がいくらあっても融資を受けることはできないでしょう。

そういう場合には資産を担保にして融資してもらえる形のローンを利用する方が確実でしょう。

また無職の人の中には何らかの不労所得を持っている場合が有り、これが安定していて、しっかり所得の申告をしていれば、安定収入として認めてもらえる可能性はあります。

無職でも例外が有る!専業主婦は条件次第でバンクイックの申込が可能

ただし、この無職には例外が有ります。それは専業主婦(夫)の場合にはこの申込条件の例外として扱われ、バンクイックの申込みを行うことができます。したがって家計が苦しいという専業主婦の場合は諦める必要はありません。

ただし専業主婦は申込めるとは言っても返済は行われなければなりませんから、専業主婦の代わりに配偶者に安定収入が有ることが求められます。配偶者も収入が無かったり、安定性に欠けるような収入の場合には審査通過は難しくなります。

配偶者の収入から返済する場合には配偶者が了解していることが前提になり、配偶者に内緒で借入していて後々問題になるようなことが無いようにしなければなりません。家庭内で使ういお金については夫婦で情報共有するようにして下さい。

収入が無くても専業主婦はバンクイックの申込みが可能

先ほど示したバンクイックの申込条件をもう一度見てください。特に欄外の部分の例外事項に注意が必要です。例外部分には配偶者に収入が有れば申込みができると書かれています。

したがって無職の専業主婦(夫)でも配偶者の収入によっては申込みができるということになります。

当然ですが、自分に収入が有りませんから返済するお金と言うのは配偶者の収入からと言う事です。この場合三菱東京UFJ銀行のほうの審査では配偶者の方が収入要件を満たしているかどうかを確認します。

例えば配偶者のほうも無職ではないけれども年収が少なく返済ができるとは思えないという判断になれば、バンクイックの審査は否決になる可能性も有るわけです。

配偶者に安定収入が有り同意が得られることが条件になる

通常カードローンを借りる際に行われる審査での確認では収入について次の2点が確認されます。

  • 生活を営んでかつ返済できるだけの年収
  • 安定した月収

この年収の目安としては以前は200万円の壁とか言われたものですが、平均年収が減少してしまったことから、現在ではもう少し少額でも融資は受けられるはずです。

月収については申込条件にも明記されていることからも、金融機関としては年収よりも重要性が有ると考えています。

しかしバンクイックで配偶者の収入を前提として借りる場合には次の点にも注意が必要です。

  • バンクイックの返済に充てる旨の配偶者の了解

バンクイックの但し書きには配偶者の了解が必要とは明記されていませんが、収入源の配偶者が了解していなければ勝手に使うわけにはいかないでしょうから、申込みの前に夫婦の間でよく情報共有しておくようにしましょう。

配偶者に内緒で勝手に借りてはいけない

もし配偶者に内緒で借りたいということになると、収入源が配偶者で、その中から返済を行っていくという前提であれば、申込みは断念する事を勧めます。そういった行為は夫婦間の信頼を裏切るものです。

もし強行して配偶者がそういった借入れをしていることを知れば、大きないさかいを生む可能性が有ります。したがって借入れを考えているのであれば事前に相談して了解を得るようにしましょう。

当然借入れの理由を説明しなければなりませんが、その理由に必要性を感じれば借入れも認めてくれるでしょう。しかし配偶者は借入の必要性はないと判断するかもしれません。

その時は喧嘩するのではなくて、自分でももう一度必要性を考えてみる必要が有ります。自分だけでは見えていないことが他の人を交えることで見えてくることが有るのです。こういう意味でも話し合いと言うのは大変有効です。

非正規業者を利用をしてはいけない

配偶者の了解が得られなかったり、そもそも配偶者がおらず、正規の金融機関からの借入が難しい場合、どうしてもお金が必要ということになると、なりふり構っていられなくなるかもしれません。

そういう時には人間油断が生じます。普段では絶対に考えないようなことを考えるものです。その考えの一つが非正規業者を利用することです。非正規業者とはとにかく違法な高い金利で融資して強引な取り立てを行うような業者です。

そういった業者なら無職だろうが何だろうが貸してくれる可能性が有ります。藁をもすがる思いでそういった業者から借入れすればその時は助かったと思うかもしれませんが、その後を考えれば大変危険な行為になります。

したがってどんな状況になっても非正規業者の利用だけは行ってはいけません。

借入よりも稼ぐ事を考えよう!まずはアルバイトを探そう

このように無職の場合は例外を除て借入れは困難です。ですから収入が無いので借入れしようという発想は止めて、収入が無いから仕事をして稼ごうと考えましょう。当座のお金が必要なら短期アルバイトをすればすぐに稼げるでしょう。

少し余裕ができたら短期アルバイトは止めて長期アルバイトを始めてください。一気に正規採用というのは難しくても長期アルバイトなら比較的探しやすいはずです。出来れば将来的に社員に任用されるようなところ良いですね。

短期アルバイトと長期アルバイトの決定的な違いは月々収入が入るかどうかと言う点にあります。長期アルバイトを続けていれば次第に働き方のパターンが決まり、たとえ月収は少ない場合でも安定してくるはずです。

そうすればバンクイックなどのカードローンの申込条件もクリアすることができるようになります。

まずは短期アルバイトで当座のお金を稼ごう

無職で借り入れを考えてもそう簡単には借入れできないことが分りました。しかし借入れしたいということは何らかの理由でお金が必要だということです。その場合には無職ということで時間が有るのですから自分で稼ぐことを考えましょう。

働いたってすぐにお金は貰えないだろうと考えてしまう人もいますが、そうでもありません。最近では景気浮揚とともにアルバイトの募集数も増えてきており、こういった中から短期アルバイトを探してみましょう。

現在ではスマホを使ってすぐにアルバイトを探すことができるようなサービスも行われているので、すぐに探してみてください。

短期アルバイトであれば、賃金は時給で計算してその日のうちに貰えるところが多いので、そういう条件で探せば、無理なく当座のお金を稼ぐことができるでしょう。

次に長期アルバイトを探して安定収入を得よう

重要なのはその後です。当座の資金だけでやめてしまうのではなくて、今度は長期アルバイトを同じ方法で探してみてはどうでしょうか。そうすれば今度は月々月給として収入が発生しますので、無職ともおさらばできます。

最初は慣れるまで短時間だけでも構いません。まずは毎日仕事をしてそれを続けることが大切です。後は徐々に時間を長くしていけば、安定収入につながって行くことになります。

長続きさせるためには、あまり無理をしないことです、長い時間をかけても良いので終日働けるところまで持って行けるようにしてください。

出来れば長期アルバイトを探す時点で将来は正社員に任用される可能性のある所を探しておくと尚良いでしょう。

正社員と同じ程度の時間働けるようになって評価が上がれば正社員に任用されるのも夢ではありません。

安定収入が有ればアルバイトでもバンクイックの借り入れができる

長期アルバイトを続けて収入が安定して来れば、安定収入と言うカードローンの申込条件を満たせることになります。ですから、この時点で借入が必要ということであれば、バンクイックの申込みも行うことができます。

もちろん可能性としては審査に落ちることも考えられますが、収入の条件は満たせているので、過去の金融取引で問題などを起こしていなければ審査通過の可能性も十分あるでしょう。

ただし、長期アルバイトをしていれば、時間にもよりますが、それなりの収入は得ている筈で、無職の時とは大きく生活も改善できている筈です。したがってもはや借入の必要性は無いかもしれません。

行わなければいけないのは自分のお金の管理です。どのような使い道でお金を使っているのかを把握していれば、お金を借りようと考える前に節約で乗り切ることを考えることもできるようになります。

どのようにお金を管理すれば良いか

お金の管理と言っても難しいことは有りません。要するに家計簿を付ければよいのです。自分の収入と支出内容を詳細に記載して、月々どの程度の黒字あるいは赤字が出ているのかを把握するために収支が計算できるようにすればよいのです。

家計簿と言えば昔ながらのノート形式のものを用意しても良いですが、最近はパソコンやスマホを通じてインターネット上で管理できるサービスも提供されており、何も新たに用意しなくても構いません。

またこういうサービスを利用すればデータを入力するだけで集計などはやってくれますから、管理も非常に楽でしょう。

どういった形式のものを利用するかは利用者の自由ですから自分はノート形式のもののほうが良いというのであれば、まずは買いに行って使いやすいものを用意してください。

働くことができない時はどうすれば良いか?返済はできない事に注意!

もし現在病気やけが、介護などで働くことができないという場合には、何らかの形で返済を伴うような借入をしてしまうと、返済に追われることになって、それでなくても苦しい生活が、さらに苦しくなってしまうことになります。

そういう場合にはまず役所に行って相談してみましょう。何らかの給付が受けられる場合も有りますし、そういったものが無かったとしても、生活保護を受給するという方法も有り、こういう場合には返済は要求されません。

働けるようになったとしても最初は安定しませんから民間からの借入と言うのは難しいため、収入が安定してくるまでの間は、公的な貸付制度を利用することも一つの方法です。これは返済が伴いますが民間より有利な条件の借入が出来ます。

働けなければ返済が伴う借り入れをしてはいけない

このようにアルバイトでも良いので働くことができれば、収入が発生して借入をしなくてもやっていける可能性も出てきますが、病気やけがあるいは最近では介護のために働けないから無職なのだという人もいます。

そういう場合にでもやはり生活上お金は必要ですし、場合によっては大きなお金が必要になることも有るでしょう。

しかし無職で安易に借入れをしてしまうと、その時は良いとしても翌月からは返済が始まるわけですから、生活は更に苦しくなっていくでしょう。最初は返済できていたとしてもすぐに返済不能になってしまうかもしれません。

したがって、無職の場合にはたとえ貸してくれる業者が有ったとしても借入はしてはいけないのです。

まずは役所に相談してしてみよう

そうは言ってもお金がなければ生活もおぼつかないというのであれば役所に行って相談してみましょう。現在は長く続いた不況で生活困窮者に対する支援策がいろいろとある筈です。

まずは自分の居住する自治体にはどのような制度が有るのかを知ることが必要です。何らかの給付制度が有れば、それを利用して乗り切ることができるかもしれません。

もしそういった制度が無かったり、条件的に利用できないという場合には、国の制度として生活保護があります。それを目的に入国してくるような外国人に給付するよりも、生活に困窮する日本人にこそ使われるべきでしょう。

これ等の制度の良いところは返済の必要が無いことです。病気やケガであれば治るまで給付を受けましょう。また介護であれば介護が必要なくなるまでの間、給付を受けてみてはどうでしょうか。

働けるようになったら生活が安定するまで公的貸付を利用しよう

そして実際に働けるようになった場合には、やはり生活が安定するまでは時間がかかるでしょう、そういった場合には今度は先々収入が入ってくるわけですから、給付ではなく借入れすることができます。

しかしまだ安定収入と言うわけではありませんから、カードローンを含め民間の融資を利用するのは難しく、申込みをしたとしても、審査で否決になってしまう可能性が高くなります。

そこで利用したいのが公的な貸付制度で、やはり不況が長く続いたために、なんとか生活を安定させようとして国が用意したものややはり自治体が用意したものなどがあります。

しかもそういった公的な貸付制度では条件が合えば無利子で、合わなくても非常に低利で借入ができる為、大変使いやすい制度になっています。これから頑張ろうという人にはうってつけの制度と言えるでしょう。

公的な貸付制度の例

公的な貸付制度の例としては各都道府県の社会福祉協議会が実施主体になっている生活福祉資金貸付制度があります。この制度の貸し付け対象は低所得者世帯、障害者世帯、高齢者世帯となっており所得が少なければ利用対象になります。

どのような資金を貸しつけてくれるのかと言うと、様々ありますが、生活支援費として生活が再建できるまで最長12カ月にわたって単身で月に15万円、2人以上の世帯で20万円の貸し付けが行われます。

この他例えば住宅入居費として敷金や礼金などに利用するため、一時金として40万円までの必要額の貸し付けや生活再建のために一時的に60万円以内を貸し付けるものもあり、自分の状況に合わせて借りることができます。

しかも連帯保証人を付ければ無利子ですし、もし連帯保証人がいなくても金利は年利1.5%で民間を利用するよりも断然有利な借入れが可能です。

ここでバンクイックを無職で借入れできるのかについて纏めておきます。

  • バンクイックには安定収入が無ければ申込めない
  • 配偶者に収入が有れば無職の専業主婦(夫)でも申込みができる
  • 無職の場合借り入れを考えるよりも稼ぐことを考えたほうが良い
  • 働けない事情が有る場合には公的な支援制度を利用すべき

借入と言うのは必ず返済を行わなければなりません。返済の目途が無いような借入を安易に考えるのは止めにしましょう。

新着記事
TOPICS