> > 三菱東京ufjの多目的ローンをバンクイックと比べてみる!

三菱東京ufjの多目的ローンをバンクイックと比べてみる!

三菱東京ufj銀行に限らず、多くの銀行が多目的ローンを用意しています。多目的ローンというのですから様々な目的に利用できるローンということですよね。同じ三菱東京ufj銀行のカードローンバンクイックでの借入と多目的ローンの借入ではどのような違いがあるのでしょうか。

今回は多目的ローンとカードローンを比較し、その違いについて詳しくお話していきます。バンクイックと三菱東京ufjの多目的ローンの特徴や借入条件など、しっかりと納得した上でどのローンを利用したらよいのか、自分にあったものを見つけて下さいね。

多目的ローンはどんなローンをいうの?

多目的ローンは文字通り、いろいろな目的に応じたローンということです。フリーローンは目的が自由であることですが、多目的ローンは様々な目的に特化したローンです。例えば、海外旅行の為、結婚の為、引越しの為などに必要な資金を借入するというものです。

そして申込時に目的に応じた見積書などの提示が必要となるのも、多目的ローンの特徴といえるでしょう。

ここで三菱東京ufjの多目的ローンについて申込条件などを挙げてみましょう。

多目的ローン
実質年率 5.475%
限度額 50万円~300万円
借入期間 6ヵ月~10年
申込条件 20歳~完済時70歳未満

年収200万円以上

勤続年数1年以上

金利は変動ですが、低金利設定となっています。その分カードローンと比べると申込条件が少し厳しくなっているのがわかります。

これは銀行の多目的、目的別に限らず低金利ローンの申込み条件はすべて同じように慎重な審査が行われるということです。

バンクイックと多目的ローンはどう違う?

多目的ローンの貸付条件などについてお話しましたが、次にカードローンのバンクイックと三菱東京ufjの多目的ローンをわかり易く比較してみましょう。

バンクイック 多目的ローン
実質年率 1.8%~14.6% 5.476%
貸付限度額 10万円~500万円 50万円~300万円
利用目的 自由(事業資金不可) 旅行結婚資金など

使途を確認できる書類要

見積書 不要
即日融資 即日融資可能 即日融資不可

融資まで約2週間

バンクイックと多目的ローンの比較で、特に大きな相違点は利用目的で多目的ローンの場合は使途を確認できる書類が必要、また見積書も必要という所ですね。

バンクイックは即日融資も可能なのですが、多目的ローンは融資までに2週間くらいの日にちがかかるというのも大きな違いですね。

バンクイックに申込むメリットデメリット

それではここでバンクイックについて少し詳しくお話していきましょう。バンクイックで借入することでのメリットデメリットはどのようなところにあるのでしょうか。

バンクイックの特長と借入するメリット

  • 最短30分での審査回答
  • テレビ窓口で即日カード発行
  • 安心の低金利

バンクイックの特長は、何といっても銀行でありながら迅速な審査回答、そして即日融資が可能なところですね。

申込の時間などにもよりますが、最短30分での審査回答は大きな特長のひとつです。

また銀行のカードローンの場合、迅速な審査回答はあっても、その後融資までの日にちがかなりかかる事がよくあります。その点もバンクイックならテレビ窓口での契約で、即日カードが発行され利用可能なのです。

もちろん銀行ならではの低金利は、安心して申込めるうれしい特長のひとつです。

バンクイックは消費者金融と銀行のカードローンの良いところを兼ね備えたカードローンといえるのではないでしょうか。

【関連記事】
営業時間は?在籍確認は?バンクイックのテレビ窓口を使いこなす!

  • 随時返済一括返済もATMで!
  • ATMの利用手数料が無料
  • 1,000円単位での借入

バンクイックを利用することのメリットのひとつにATMの利用手数料が無料ということがあります。銀行のATMだけでなく、コンビニのATMも無料で利用できるのは大きなメリットといえますよね。借入時のみでなく返済時も無料です。

月々の返済に加えて随時返済や、一括返済もATMを利用できるのもメリットといえますが、一括返済時の硬貨が利用できるATMは三菱東京ufj銀行の限られたATMのみになります。随時返済はどのATMでも無料で利用できますよ。

バンクイックの借入でデメリットといわれるようなことは無いのでしょうか。バンクイックはさまざまな面でメリットの多いカードローンといえます。特にデメリットに挙げるようなことは見当たらないのですが、あえて挙げるなら、上限金利がもう少し低い方が良いことですね。

多目的ローンとバンクイックどちらを選ぶ

バンクイックと多目的ローンについて比較し特長をお話してきましたが、おわかり頂けたでしょうか。どちらを選ぶのかは自由なのですが、借入目的がはっきり決まっていて、そのことだけの為に借入したいのなら、金利の低い目的別ローンが良いでしょう。

目的の為だけではなく、いざという時に繰り返し利用できる方が良いというのであれば、バンクイックを選ばれるのをお奨めします。

じっくりと考えてより自分にあったローンを選んで下さいね。

バンクイックの利息は借りた日にちだけ

バンクイックの金利について、上限利息がもう少し低ければとデメリットに挙げました。それでも上限14.6%は銀行の金利では平均的なものです。バンクイックでは利息は借りた日にちだけという返済も可能ですから、利息を抑える借入も計画できますよ。

必要なものはタイムリーに!それもお得なカードローンの利用法です。返済は無理なくゆっくりとそして余裕な月には多めな返済と、バンクイックを計画的に上手に利用して、より豊かな生活を楽しんで下さいね。
新着記事
TOPICS