> > バンクイック申込み前に返済シミュレーションで返済額と期間の確認を

バンクイック申込み前に返済シミュレーションで返済額と期間の確認を

カードローンはお金がない!となった時の強い味方ですよね。

特に三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」などのように銀行のカードローンは安心感もあり、利用者も多くなっています。

お金が必要となった時に、時間があまりないと焦って申し込みをしてしまいがちですが、ちょっと待ってください!

カードローンに申し込みをする前に、必ずしてほしいことがあります。

それが『返済シミュレーション』です。

バンクイックをはじめ、多くのカードローン申し込みサイトにはこの返済シミュレーションが設置されていることが多いです。

申し込み前に必ず利用して、まずは返済額と完済までの期間を把握しておきましょう。

バンクイックを申し込む前にしておいた方が良いこと3つ!

バンクイックに申込みをしたい!と思ってもすぐに申込みをするのではなく、申し込みをする前にしておいてほしいことがあります。

それは以下の3点です。

  • 貸し付け条件をチェックすること
  • 必要書類を準備しておくこと
  • 返済シミュレーションをしてみること

何も考えずに、お金が必要だから…と申し込んでしまうと、後々後悔することになりかねません。

どれだけ急いでいたとしても、せめて上記の3点は行うようにしてみてください。

貸し付け条件の確認は基本中の基本!

バンクイックをはじめとするカードローンは実に様々な商品があります。それらの商品はすべて同じような内容というわけではなく、それぞれに特徴を持っています。

自分に合ったカードローンを申し込むためには、申し込みの前に貸し付け条件をチェックすることを忘れずに行いましょう。

申込者に制限があるものもありますので、ご自分が対象かどうかを確認することも大切です。

では、実際にバンクイックの貸し付け条件を見てみましょう。

年齢 満20歳~満65歳未満
申し込み可能な方 ・日本国内に居住している(外国人は永住許可が必要)

・本人または配偶者に安定した収入がある

・保証会社の保証を受けることができる

使途 事業性資金以外は様々な用途で使用可能

利用限度額 10~500万円

担保・保証人 原則不要

保証会社 アコム株式会社

バンクイックでは、配偶者に安定した収入があれば、主婦(夫)の方でも申し込みが可能となっていて、利用内容も事業性資金以外ならOKなので間口が広いカードローンとして有名です。

保証会社は消費者金融でもあるアコム株式会社が受けており、バンクイックに申し込みをすると必然的にアコム株式会社の審査を受けることになります。

そのため、以前アコム株式会社と金融トラブルがあった(債務整理や悪質な滞納など)場合は審査が否決となる可能性もありますので注意しましょう。

必要書類を準備しておいた方が契約はスムーズに進みます

必要書類が実際に活躍するのは契約の際ですので、申し込みの時にはまだ不要です。

しかし、急いでいる場合やスムーズに契約を勧めたい場合はあらかじめ準備をしておいた方が良いでしょう。

バンクイックの契約の際に必要となるのは以下の書類です。

  • 身分を証明する書類
  • 収入を証明する書類(限度額が200万円超の場合)

身分を証明する書類は申込者全ての人が必要となります。

基本的には運転免許証がテレビ窓口でも利用できて一番スムーズですが、パスポートや健康保険証、個人番号カードなどでもOKです。

【関連記事】
営業時間は?在籍確認は?バンクイックのテレビ窓口を使いこなす!

収入を証明する書類は原則限度額が200万円を超える場合に必要となります。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書第1表・第2表
  • 住民税決定通知書
  • 納税証明書その1・その2(個人事業主の場合)

これらの中から1点が必要となりますが、場合によっては別途書類の提出が必要となる事もあるようです。

返済シミュレーションで毎月の負担をチェック!

申込みをするときは「大丈夫!きっと返済できる」と思う方がほとんどですよね。

返済できる見込みがないのに申込みをするのは決してしてはいけません。

この返済の見込みをきちんと数字としてチェックすることができるのが返済シミュレーションです。

返済シミュレーションでは、借入金額・金利・返済期間・毎月の返済金額など必要な項目を入力することによって、様々なシミュレーションを行うことができます。

返済回数から毎月の返済額を出すことも出来ますし、返済金額から返済までにかかる期間を調べることも可能です。

毎月いくら返済して、どのくらいで返済が終わるのかということを知ることはとても重要です。

きちんと返済できるかどうか判断してから申し込みを行うようにしましょう。

では、返済シミュレーションについてもう少し詳しくご紹介していきます。

返済シミュレーションを正しく利用するために知っておくことは?

消費者金融をはじめとする多くのカードローンのサイトで返済シミュレーションというボタンを見かけることがあるのではないでしょうか?

見たことはあるけど実際に使ったことが無いという方も案外多いようです。

しかし、実際には返済計画を練る上でとても役に立つ情報ですから、申し込みの前に是非一度試してみましょう。

返済シミュレーションに適当な数字を入れても意味がありません!

返済シミュレーションは、その名の通り、これから始まるであろう返済を予測するものです。

そのため、適当な数字を入れても全く意味がありません。

返済シミュレーションには一般に以下の項目を入れる必要があります。

  • 借入金額
  • 金利
  • 毎月の返済額または返済期間

これらのすべての情報を正しく入力して初めて正確な返済シミュレーションとなるのです。

バンクイックの正しい金利を把握しておきましょう!

返済シミュレーションで重要なポイントなってくるのが金利です。金利によってシミュレーション結果は大きく変わってきます。

バンクイックの金利を正しく把握しておきましょう。

限度額 利率(年率)
400万円超~500万円以下 1.8%~6.1%
300万円超~400万円以下 6.1%~7.6%
200万円超~300万円以下 7.6%~10.6%
100万円超~200万円以下 10.6%~13.6%
10万円以上~100万円以下 13.6%~14.6%

ここで注意したいのがバンクイックの金利の範囲です。たとえば10万円の限度額だとすると、13.6%~14.6%で1%の開きがあります。このような場合は、多めに見積もっておいた方が無難ですから、14.6%としておきましょう。

また、この金利は借入金額での金利ではなく、限度額での金利だということも注意が必要です。

例えば限度額が150万円でも、実際に借り入れする金額が50万円の場合は、金利は10.6%~13.6%が適用となります。そのため、13.6%で計算しておくのが良いということになるのです。

最低返済額・最長返済期間をチェックしよう!

返済シミュレーションには毎月の返済額か、返済回数を入れる必要があります。

これも、適当に入れればよいというわけではなく、正しい数字を入れることが大切です。

例えば毎月の返済額の場合は、バンクイックの最低返済額を把握して、それ以上の金額を入れるようにしましょう。

返済期間はバンクイックですと決められた返済期間というのは原則ありませんので、契約がされている間に返済を終えればOKです。

しかし、他の金融機関の場合は最長返済回数が決められているケースが多くあります。最長10年などとなっている場合は120カ月以内で返済をしないといけないということです。

返済期間が決まっているものは必ずチェックしておきましょう。

バンクイックの返済シミュレーションで返済額や期間を把握しよう!

では、実際にバンクイックの返済シミュレーションを利用してみましょう。

今回は、バンクイックに申し込みを行うことを前提としています。別の金融機関に申し込みを行う場合は、そちらの返済シミュレーションを利用した方が正確ですから、申し込みをする予定の金融機関の返済シミュレーションを利用してくださいね。

バンクイックのホームページの返済シミュレーションは2種類です!

バンクイックの返済シミュレーションを利用したい場合は、まずは三菱UFJ銀行のホームページを開きます。

カードローン「バンクイック」を選択すると、初めての方向けに「お借り入れ診断」と「返済シミュレーション」というボタンがあります。

■お借り入れ診断とは…

初めて利用する人が、申し込みした時に利用できるどうか簡易的に調べることができます。入力項目も、生年月日・性別・他社の借り入れ状況のみなので、個人情報が漏れることもありません。

しかし、あくまでも簡易診断なので、実際の審査結果とは異なる可能性もあります。

返済シミュレーションのボタンをクリックすると、「毎月の返済額」か「返済期間」のどちらかを選ぶことができます。

バンクイックの返済シミュレーションでは2種類のシミュレーションを行うことができるのです。

毎月の返済額を調べておきたい場合のシミュレーションは?

毎月の返済額を調べたい場合は、入力する項目は以下の3つです。

  • 借入金額
  • 返済月数
  • 金利

金利は入力が無ければ14.6%で計算されます。基本的には先に紹介した金利を当てはめるとよいでしょう。

返済月数は特に決められていませんので、ご自分で設定することになります。ただし、あまりにも突飛な返済月数を設定すると、実際の返済条件とは合わなくなる場合もありますので注意しましょう。

例えば、10万円を年利14.6%借入して10年かけて返済するとなると以下のようになります。

・毎月の返済額:1,588円

・返済総額:190,675円

(うち利息:90,675円)

毎月の返済金額は少ないですが、ほぼ借り入れ金額と同様な額を利息で支払う必要が出てきます。これはあまり現実できではないですよね。

このようなチェックを行うことも出来ますので、希望の返済回数と毎月の返済金額の折り合いがつくかどうかを確認するときに活用しましょう。

返済期間のシミュレーションをする場合の注意点は?

では続いて返済期間のシミュレーションをする方法をご紹介しましょう。

必要な情報は以下の3点です。

  • 借入金額
  • 毎月の返済額
  • 金利

ここで、注意が必要なのは毎月の返済額です。いくらでも好きに金額を設定するわけではなく、最少返済額以上でなければいけません。

最少返済額はバンクイックでは以下のように決められています。

借入残高 金利が年8.1%超の

最少返済額

金利が年8.1%以下の

最少返済額

10万円以下 2,000円 1,000円
10万円超~20万円以下 4,000円 2,000円
20万円超~30万円以下 6,000円 3,000円
30万円超~40万円以下 8,000円 4,000円
40万円超~50万円以下 10,000円 5,000円
50万円超 借入残高が10万円増すごとに2,000円を追加 借入残高が10万円増すごとに1,000円を追加

つまり、先ほどの例で紹介した10万円を年利14.6%で借り入れし10年かけて返済するというのは返済額が1,588円になりますので、最少返済額2,000円以下となり、実際には出来ないということになります。

また、これはあくまでも最少返済額ですから、自分が毎月1万円返済できる!と判断すれば1万円と設定することも出来ます。ご自分でこれなら毎月返済しても大丈夫という額を決めておきましょう。

では、例として10万円を年利14.6%で借り入れし最少返済額である2,000円を毎月返済する場合と1万円を返済する場合で見てみましょう。

■毎月2,000円返済する場合

・返済回数:77回(6年5か月)

・返済総額:154,952円(うち利息:54,952円)

■毎月10,000円返済する場合

・返済回数:11回(11か月)

・返済総額:107,2802円(うち利息:7,280円)

毎月の返済額が8,000円違うだけで返済年数は5年以上、利息も47,000円以上異なることが分かります。

このように様々な数字を入力してみて、ご自分に合う返済計画を練っていきましょう。

無理のない返済計画を立ててからバンクイックに申し込みをしよう!

カードローンと上手に付き合っていくには無理のない返済計画がとても重要なポイントです。

毎月の返済額の負担が大きすぎると生活がままならないことも

カードローンを利用した時に、出来るだけ早く返済したいからと返済額を大きく設定する人もいます。

また、収入に対して大きすぎる金額を借入し、返済額が高くならざるを得ないという人もいます。

毎月の収入に対して、返済額が大きすぎる場合、いずれ日常生活に支障が出て、生活が破綻し、なし崩しに返済も出来なくなってしまうという事態も起こりかねません。

無理のないローンの返済額は一般に収入の2割以下程度と言われています。

月収が20万円の方の場合は4万円くらいということです。

これは1つのローンだけではなく、住宅を除くすべてのローンの合算がこの程度だと望ましいと言われていますので注意しましょう。

そのため、もし毎月の最低返済額が2割を超えてしまうようであればそれはアナタにとってキャパシティをオーバーした借り入れと判断できます。

このような場合は無闇にカードローンに頼るのではなく、別の手段がないか検討をされてみてください。

人生何が起こるかわかりません。しかし、ある程度シミュレーションをしておけば対応できることもあります。

未来を予測することは難しいですが、返済シミュレーションはその手助けをしてくれます。

ご自分の将来を暗いものにしないためにも、バンクイックなどカードローンに申し込みをする前には返済シミュレーションを行い、毎月の返済額や返済期間について調べておきましょう。

新着記事
TOPICS