> > バンクイックの本人確認はどう行われる?自宅に電話連絡ってあるの?

バンクイックの本人確認はどう行われる?自宅に電話連絡ってあるの?

カードローンの審査では申込者が本人ではない場合を想定して、本人確認を行っています。これに用いられるのが申込時に提出する本人確認書類ですが、最近では窓口での申込みが減っている為、これだけでは確認は不十分です。

そこで行われるのが在籍確認と言われる勤務先への電話ですが、三菱東京UFJ銀行のバンクイックの場合には、この在籍確認の前の申込時点で自宅などの連絡先に電話を入れて申込みの有無の確認なども行っています。

もし、家族に隠してバンクイックを利用したいという場合には、連絡先を自宅ではなく、自分の携帯電話などにしておくことで、自宅への電話は避けることができます。ただし勤務先への在籍確認電話は避けることはできません。

本人確認はどのように行われるのか?本人確認書類だけでは不十分!

カードローンの審査では本人確認と言うのは大変重要で、ある意味他の審査項目よりも重要視されています。これは本人確認に失敗して全く別人にお金を貸してしまったら、まず返済の見込みが無く大きな損失に繋がるためです。

本人確認は申込時に必ず提出する本人確認のための書類によって行われると考えている人が多いですが、実はそれだけでは不十分です。これはカードローンの場合窓口での申込みは行われない場合が多く書類と本人を照合するのが難しいためです。

例えばバンクイックの場合もやはり本人確認は書類の確認だけではなくいくつかの電話による確認が行われるのが普通です。したがって書類と電話による確認が通って初めて申込者が本人であると確認されるわけです。

審査では本人確認が最も重要

カードローンで金融機関が最も避けたいのは、返済が行われなくなることです。返済が行われない理由にはいくつかありますが、主な理由は次の2つです。

  • 何らかの理由で利用者が返済不能になる
  • 何らかの詐欺的行為により誰に貸したのか分らなくなる

1件目は分かるが2件目はどういうことだと疑問に思う人も少なくないでしょう。さすがに最近では1件目の人数に比べてごく少ないので知らなくても当然です。

しかし現実にそういった詐欺行為は有るのです。もっとも簡単に行えるのが、誰かに成りすまして、申込みを行うことでしょう。最近のカードローンは窓口で申込みを行う人が減って、インターネット経由で行う人が増えています。

こうした状況では本人に成りすまして申込んだとしても、すぐには分かりませんから、悪用しようと考える人も出てくるわけです。

そういった成りすましが成功してしまうと、金融機関は返済を迫ったとしても、本人からは返済は得られず、誰に貸したのかわからない状態になってしまいかねません。

そこで金融機関では申込後には審査を行い申込者が本人であることを確認しています。そこでカードローンの審査では次のようなことを行っています。

  • 申込者の本人確認
  • 申込者の返済能力
  • 申込者の信用

この中で金融機関が最も重要視しているのが本人確認で、騙されたら最後お金は戻ってきません。

申込者の信用とは

審査で行われている申込者の信用をどう判断しているのかと言うと、金融機関は利用者の情報を信用情報として共有していて、信用の審査ではこの信用情報が参照されることになります。

信用情報を見ることによって過去の金融取引状況などが分るようになっていて、例えばかつてローンを滞りなく返済したというような実績が有れば、信用評価も高まるわけです。

しかし逆にかつてローンを滞納したことが有るというような情報が記載されていれば、その人は要注意人物ということになり、信用評価は下がります。

これ等の情報を利用して審査に通すか落とすかは各金融機関が判断することになりますが、情報内容によってはどこの金融機関に行っても審査に落とされてしまういわゆるブラックと言う状況になる可能性も有ります。

本人確認は確認用の書類だけでは十分とは言えない

では本人確認はどのように行われているのでしょうか。カードローンの説明資料を見れば分かりますが、カードローンの申込みでは本人確認用の書類の提出が要求されます。金融機関はこの書類によって本人を確認するわけです。

しかし本人確認書類にたとえ写真がついていたとしても、窓口で対面で申込みを行うわけではないため、本人の確認としては極めて不十分で、悪知恵を働かせて偽造しようと考える人がいてもおかしくありません。

普通に考えればそこまでするのかと思いますが、騙そうと考える人の場合にはその程度の手間は構わないと考えるのかもしれません。金融機関はそういった輩を相手に損失が出ないようにしなければならない訳です。

バンクイックの本人確認はどのように行われているのか

バックイックの本人確認もまずはこういった本人の確認書類の提出によって行われています。

バンクイックの本人確認書類の基本は運転免許証ですが、持っていない人もいるので次のような書類が利用出来ることになっています。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

外国人の場合にはこの他永住許可証が必要になる場合が有ります。

申込みに際してはこれ等の書類の写しを取り申込方法によって郵送或は電子的な送信を行って提出することになります。

更にこの書類による確認だけでは足りないため、バンクイックの場合にはいくつかの電話連絡によって本人確認の補完を行っています。

これ等の電話は申込時や審査中に行われ、これらが行えなかった場合には本人確認が不十分ということになり審査に通ることは有りません。

バンクイックの電話連絡とは?自宅に電話確認が行われる事が有る!

ではバンクイックで行われている電話連絡と言うのはどのようなものなのでしょうか。カードローンの場合一般的に行われているのが申込時に記入することになる勤務先への在籍確認と言う電話連絡で、バンクイックでは審査中に行われます。

この他バンクイックでは申込後審査の前に申込んだかどうかを確認するために自宅などの連絡先に電話が入ります。この時点で申込みが行われたことが確認され、在籍確認を何時頃行えばよいのかなどの相談ができます。

では自宅への確認電話に出られなければどうなるでしょうか。この場合申込みが行われたというのが本当に本人からのものかどうか確認が行えませんから、審査に入ることができず、結局そのまま審査が否決になる可能性も有ります。

一般的には審査時に勤務先に在籍確認が行われる

本人確認の補完と言う意味で電話連絡を行っているのは、特にバンクイックだけではありません。

一般的なカードローンはごく少数の例外を除いて、申込時に記載した勤務先に対して、実際に勤務実態が有るかどうかを確認するために在席確認と呼ばれる電話連絡を行っています。

この在籍確認は周囲にカードローンの利用を知られたくないと考える人が多いことから、あまり歓迎されておらず、金融機関のほうもこれをよく承知しています。

しかし説明したように本人確認書類だけでは十分な確認ができない為、この在席確認を止めてしまうことはできず、現在でもこの確認電話は続けられています。

ただし周囲への配慮から、消費者金融は個人名で掛けてきますし、銀行は銀行名でかけてきますが、その電話が在席確認だと言ったような話はしません。

バンクイックの場合には在籍確認の他に自宅に電話が有る

バンクイックの場合の電話連絡は、この在籍確認だけではなく、申込みの直後に申込みの確認電話が有るのが普通です。

これは実際に本人が申込みを行ったのかと言う確認の意味が有りますし申込み情報などの不備が有れば、この時点で確認が行われることになります。在籍確認は勤務先に行われますが、この申込みの確認は自宅などの連絡先に行われます。

例えば勤務先にいる時間が限られているという場合には、この申込確認電話の時点で在籍している時間を伝えて、在籍確認はこの時間内に行ってほしい旨を言っておけば三菱東京UFJ銀行のほうでも配慮してくれます。

いきなり在席確認が行われる場合よりもずっと在籍している可能性が高くなりますので、2度の電話になりますがバンクイックの方式のほうが親切かもしれませんね。

2度の電話が行われる金融機関

多くにカードローンは在席確認として電話連絡は基本的には1回ということになっています。しかしバンクイックのように2度の連絡が行われている場合もそれほど珍しいことではなく、確認を完全にするために2度行うところも増えています。

例えばバンクイックは申込みの直後に申込み情報の確認と言う意味で連絡が行われますが、金融機関の中には審査の終了後に2度目の電話連絡を行っている場合も有ります。この場合は審査通過の連絡と提出書類の連絡が行われます。

また常に行われるということではなくて、例えば申込み情報に不備が有った場合だけ電話連絡をしてくるとか、各カードローンそれぞれで確認方法がきまっており、申込みの前に申込む予定のカードローンについて確認しておきましょう。

自宅の電話に出られなければ審査には通過できない可能性が高い

もしこの自宅への申込確認の電話に出られなければどうなるでしょうか。在席確認の電話のほうは、実際にその職場に勤務していることが分れば不在であっても、確認ができたことになりますが、申込みの確認はそうはいきません。

不在だからと言って申込みしたと判断してしまったら、実は誰かが名前を偽って申込んでいたというような事が有るかもしれません。このため自宅への申込確認のための電話には必ず出る必要が有ります。

出ない場合には何回か掛け直しは有るでしょうが、連絡が取れないと判断した時には、怪しいということになり、審査に入るまでもなく、審査否決で終了してしまう可能性が高くなります。

最近ではバンクイックの場合、審査時間は最短30分と言っていますので、審査の前に行われる申込みの確認は、申込みを行えばすぐに掛ると思って良いでしょう。

十分注意して電話を待ってください。

自宅への電話は避けたい!家族には内緒で借入したい場合の対処

そこで困ってしまうのが家族にはバンクイックの申込みを知られたくない場合です。

一人暮らしなら構いませんが、電話を家族が受け、銀行から電話が有ったということになれば、内容を聞かれることは間違いなく、場合によっては利用がバレることも有るかもしれません。

そこでもしこういう場合には、申込時の連絡先として自宅ではなく、自分の携帯電話にしておけば、少なくとも家族が出るということは避けられるでしょう。ただし電話がかがるまでは携帯電話に注意しなければなりません。

ただし、このように家族に借金を隠すのはあまりお勧め出来ることではありません。一度隠してしまうと様々な場面で隠さなければならず、結局何かのはずみでバレてしまうでしょう。初めからオープンにしておいた方が良いのです。

家族に知られたくない時は連絡先を自宅ではなく携帯電話にしておく

前節ではバンクイックの場合申込みの直後に自宅に電話が入るという話をしましたが、これを読んでぎょっとした人も多いのではないでしょうか。実はカードローンの利用者には家族に内緒で利用する人が意外に多いからです。

ですが安心してください。自宅と表現したのはカードローンを申込む場合連絡先に自宅の固定電話の番号を記載する人が多いためです。

しかし、この連絡先は何も自宅で有る必要はありません。自分が連絡に都合が良ければ構わない訳です。

そこで家族に知られる危険が有る自宅ではなくて、自分の携帯電話番号を記入しておけば、連絡先は携帯電話になり、申込みの確認は携帯電話に掛ってくることになります。

最近では申込みも何も自宅からではなくてスマホなどからも簡単に行えるようになりましたから、外出していても申込みが可能です。ですから申込みの直後に自宅宛ての電話が入ったとしても出られないこともあるはずです。

そういった場合も、連絡先を携帯電話番号にしておけば、スマホ1つで申込みも確認のための電話も済ませることができるわけです。

ただし、呼び出し音を切っていたりして電話に出られなかったというような事は避けるように注意しましょう。

在籍確認電話は申込者の意向では避けられない

このように自宅への電話は申込者側が申込み情報に注意することによって避けることができます。そこで申込者が考えるのが勤務先への在席確認電話も自分の携帯電話などに変えることはできないかと言うことです。

そうすればいつ電話が来ても良いですし、周囲に知られる心配もしないで済むわけですが、残念ながら、在席確認電話と言うのは避けることはできません。在席が確認できるからこそ在席確認なのであって携帯に電話しても無意味なのです。

電話確認についてはなかなか思うようにいかないかもしれませんが、この2つの電話も実際に融資できる人間なのかどうかを判断するために極めて重要な判断材料であって、審査の一環ということで受け入れるしかありません。

借入を家族にまで隠すのはお勧めできない

ただしここで1点注意しておきたいことが有ります。それは家族に内緒でカードローンを利用したいということです。なかなか自由になるお金が作れない場合には内緒で借りてしまおうと誰でも考えますがそれはあまりお勧めできません。

家族と言うのは運命共同体のようなものです。一人が困れば他の人も困る事になるというのが普通です。

例えばカードローンを利用していて返済に行き詰ってしまい、自宅のほうに回収担当などから電話が有れば、隠すことはできずみんなが困ったと思うでしょう。

したがって困ったと思う前に何事も情報共有して、困った時に助け合える状況にしておくべきなのです。

もちろん借金をするというようなことは家計にも重大な影響が出る恐れが有るので反対されるでしょう。

それに対して必要性を説明できないようなら、その借金と言うのはそもそも必要ないということです。

ですからまずは必要性を説明して家族の理解を得てから実際に借入れを行うようにして下さい。

一度の嘘を延々と続けなければいけない状態とうのは極めて気苦労が多いものです。情報はオープンにしておいた方が楽に生活できます。

返済に行き詰った時にどうなるか

返済が行われなかった場合には、まずは入金忘れ等を疑うため金融機関側は督促状を出して入金を促します。これですぐに入金すればそれほど問題にはなりません。

しかしそれでも入金に応じなければ、金融機関側はいよいよ問題視しはじめて回収担当が乗り出してくることになります。通常は電話で入金を迫ってきますが、場合によっては訪問を受ける場合も有ります。

もちろん闇金の取り立てではないですから、あくまで紳士的に行われますが、こういった人と言うのは窓口にいるような女性ではなくて、いかつい感じの男性と言う場合が多く、声だけでもかなり精神的プレッシャーを感じます。

それでも入金しない場合には、催告書と言うものが送られ、期日の通り入金しなければ裁判になったり、差し押さえされたりの対応が採られます。

返済できない場合にはそうなる前に、弁護士などに頼んで債務整理を行う必要が有るでしょう。

【関連記事】
強制解除もあり得る!バンクイックで延滞したらどうなるのか!?

自宅と勤務先に電話が有れば審査は通過できるのか?安心はできない

よくカードローンは在籍確認の電話が来れば審査は通ったと考えてよいだろうといわれます。要するに審査の最後に在籍確認が行われるので電話が有ったということは他の審査は終了したと考えられるということです。

そこでバンクイックでも自宅への確認電話と勤務先への在籍確認が行われれば審査に通ったと考えても良いのかと考えそうですが、そう簡単には判断できません。

これは自宅への確認電話は審査前、在籍確認はバンクイックの場合審査中に行われるため、両方の電話が終わったとしてもまだ審査は続く可能性が有るためです。

それらの審査では本人確認だけではなく返済能力や過去の金融事故の有無なども調べられることになるため、審査通過の連絡が来るまでは安心はできないのです。

在席確認が終わっても安心はできない

説明したように審査と言うのは本人確認だけで終わるわけではありません。この他にも返済能力や信用についての審査が行われています。

バンクイックの場合在席確認はこれ等の審査中のどこかの時点で行われることになっています。

したがって在席確認が有ったとしても、まだ審査は継続中と考えたほうが無難です。

カードローンの申込みで伝説のように語られているものに在席確認が行われたら、もう審査には通ったと考えて差し支えないというものが有ります。

これは在席確認が審査終了時に行われ、それまでに問題が有れば在席確認まで進まないという認識のもとに言われている話で、実際にそういったカードローンも存在するため全くの嘘と言う訳でもありません。

しかしバンクイックでは今説明したように審査は継続するわけですから、そこで問題が有れば審査には通らない可能性も有るということになります。

返済能力を確認しておこう

そこでバンクイックだけに限らずカードローンを申込む場合にはその他の審査の通過の可能性を自分なりに検証しておきましょう。まずは返済能力からです。

返済能力の審査では次の確認が行われます。

  • 一定額以上の年収が有る
  • 安定した月収が有る

まず年収についてですが、金融機関は一般的なそこそこの生活ができる年収に返済に必要になる金額を加えた以上の年収が無ければ返済が難しくなると考えます。

この金額が以前は概ね200万円と言われていたのですが、最近はデフレで生活水準も下がってきていることから、もう少し少額の年収でも審査に通る可能性はあります。

次に月収ですが、カードローンの返済が月単位で行われることから、毎月安定して返済するためには月収も安定していなければならないと考えられています。

例えば同じ年収300万円の人でも、会社員のように毎月安定して月給がもらえる人と、いつ入ってくるかはっきりしない自営業者では、会社員のほうが評価は高くなります。

また収入については金融機関の判断も重要ですが、本当に返済して行けるのかどうかについて自分の月々の収支を計算して、返済額を捻出できるだけの余裕が有るのかどうかを確認してから申込みを行ったほうが安心です。

一般的な生活では余裕が有る年収が有って金融機関は審査に通したとしても、実際に返済できるかどうかは自分のお金の使い方に掛っていますから、必ずこの確認は行っておきましょう。

返済能力の確認

返済能力の確認はできれば過去1年程度の月々の収支を計算して行ってください。この理由は時期によって季節変動が有るため、ある月には余裕が有ったとしても、別の月には返済の余裕が無い可能性も有るためです。

収支の計算は次のように行えば簡単に計算できます。

収支 = 収入 - 支出

ただし正確な収支を計算するためには、正確な収入と支出を把握しておかなければなりません。そこで重要になるのがそういった数字を管理できているのかどうかと言う点です。

収入のほうは給与明細が有れば管理できますが、支出のほうはなかなか管理できない人が多いでしょう。そこでお勧めしたいのが家計簿です。要するに自分が何にいくらお金を使っているのかを記録に残すのです。

今現在自分の支出を把握していないのであれば、インターネット上にもサービスが有りますから、まずは記録を残すことから始めてみましょう。

過去に金融事故を起こしていないかを確認しておこう

また信用については、過去の金融事故が問題視されますから、次の表に示す期間に、該当するような金融事故を起こしていないかについて思い出してみてください。

金融事故 問題になる期間
ローンの滞納 5年
各種支払いの滞納 5年
債務整理 10年
ローンの申込み 6カ月を超えない期間

各種支払いと言うのは電気料金や電話料金などの支払いのことで、携帯電話料金などはよく滞納することが有るので要注意です。

ローンの申込みと言うのは頻繁にローンの申込みをすると、何か問題が有ってお金が必要だということが考えられるため、返済が心配されるために短期間金融事故と同じ扱いになるのです。

ここでバンクイックの本人確認について纏めておきます。

  • バンクイックの本人確認は書類による確認と電話による確認が有る
  • バンクイックの場合自宅への申込確認電話と勤務先への在席確認電話が行われる
  • 自宅への電話を避けたい場合には連絡先を携帯電話などにしておけばよい
  • 審査は本人確認だけではないため確認電話が有った後もまだ安心できない

本人確認は重要な審査ですが、本人が正直に申し込んでいれば問題の無い審査ですから、勤務先を偽るなどおかしな小細工はしないようにしましょう。

新着記事
TOPICS