> > 仮審査と本審査があるってホント?バンクイックの審査の流れ徹底解説

仮審査と本審査があるってホント?バンクイックの審査の流れ徹底解説

数ある銀行カードローンの中でも、三菱UFJ銀行が取り扱っているバンクイックは、有名メガバンクならではの安心感と利用条件の良さから人気が高いサービスの1つです。

ただし他のキャッシングや銀行カードローンと同様に、事前審査があるので、誰でも必ずお金を借りられるわけではありません。

特にバンクイックの審査に関しては、仮審査と本審査の2段階に分かれている…なんていう話も耳にするので、借りにくいのでは?時間がかかるのでは?と不安になる人も多いですよね。

そんな気になるバンクイックの審査の流れについて、ここでは詳しく解説していきたいと思います。

最短即日融資も!バンクイックの申し込み方法と審査の流れ

審査の流れを見ていく前に、まずはバンクイックの申し込み方法をチェックしておきましょう。

バンクイックに申し込む場合、利用者は以下の3つの申し込み方法から、自分の都合に合わせて選択することができます。

  • インターネット
  • テレビ窓口
  • 電話

インターネット申し込みの利点は、ほぼ24時間365日どこからでも申し込み手続きができるという利便性の高さです。ただし、契約手続きは、店舗に行けない場合は郵送またはFAXで進めていかなければならないので、実際に借り入れをするまでには少し時間がかかってしまいます。

その点、テレビ窓口はスピーディに借り入れまで進められるということに関しては断トツです。なんと最短40分程度で、申し込みからカードの受け取りまで済ませられてしまうので、本当に急ぎの時にはとても頼もしいサービスです。インターネットや電話といった他の申し込み方法で手続きを進めている場合でも、契約手続き・カード受け取りだけテレビ窓口で行うという利用方法も可能です。

一方で、テレビ窓口が設置されている店舗へのアクセスが悪い人にとっては、利用すること自体が難しくなってしまいます。そういう意味では、あまり利便性が高いとは言えないでしょう。

電話申し込みも、どこからでも手続きができて、受付時間もインターネットほどではないにしろ平日夜間や土日祝日にも対応しているので、比較的便利に利用することができます。また、直接スタッフとやり取りをしながら手続きを進めていくことができるので、疑問や不安を確実に解消できると言うのも大きなメリットです。

ただし契約手続きはインターネット申し込みと同様に郵送またはFAXになるので、スピーディさには少々欠けます。

便利でスピーディ!ベストな手続きの進め方とは

上記の申し込み方法それぞれの特徴を踏まえたうえで、最もスピーディかつ便利に手続きが進められる方法として、三菱UFJ銀行がおすすめしているのが、《インターネット申し込み→テレビ窓口で契約手続き・カード受け取り》という方法です。

この方法で手続きを行う場合、以下のような流れで進めていくことになります。

?インターネットで申し込み手続き

?仮審査

?メールまたは電話で審査結果の連絡

?テレビ窓口で契約手続き・本人確認書類提出

?本審査

?カード受け取り

?ATMにて借り入れ

このように手続きを進めていけば、最短で即日借入をすることも可能です。通勤中など空いた時間にサクッと申し込み手続きだけ済ませておいて、テレビ窓口ではカードを受け取るだけでよいので、無駄なく時間を使うことができるのも利用者としてはうれしいですよね。

実は審査は2段階!?知っておきたい仮審査と本審査のタイミング

上記の流れを見ていただくとわかるとおり、バンクイックの審査は実は仮審査と本審査の2段階に分かれています。

ただしバンクイックのサイトを見てみても、そのような記載は実は見つかりません。一見すると、審査は1度で済むように見えます。

しかし実際には、申し込み手続き後に仮審査、そして契約手続き・本人確認書類提出の際に本審査という形で2回にわたって審査が行われているのです。

と言っても、仮審査と本審査は行われるタイミングが違うこともあって、その内容も目的も大きく異なります。ここからは、バンクイックの仮審査と本審査の詳しい内容や、審査にかかる時間について解説していきましょう。

審査時間は最短30分!仮審査でチェックされる2つの要素

バンクイックで申し込み手続きを済ませると、まず行われるのが仮審査です。と言っても、仮審査だから重要性が低いというわけでは決してありません。

むしろ、仮審査に通らなければ本審査に進むことはできない、つまりお金を借りられなくなってしまうと考えると、それがいかに大事なステップかということがよくわかるでしょう。

なお、バンクイックではこの仮審査にかかる時間自体は最短30分と非常にスピーディです。

ただし、利用者が多い時間帯に当たって審査が混み合っていたり、そうでなくても何らかの事情で審査に時間がかかることはあります。

【関連記事】
アルバイト・パートの方が「バンクイック」で借入する方法

では、バンクイックの仮審査ではどのような基準で結果が決まるのでしょうか?

この段階で重点的な評価対象になるのは、主に以下の2つの要素です。

  • 個人情報から想定される返済能力
  • 信用情報

要注意!返済能力=収入の高さではないってホント!?

バンクイックに限らず、キャッシングやカードローンを申し込む際には、住所氏名などの基本的なことから勤務先に収入、家族や住居の状況まで、様々な個人情報を申告しなければなりません。

それはなぜかというと、こうした詳細な個人情報がすべて審査の際に返済能力を評価するための重要なデータとなるからです。

カードローンの審査では、借りたお金を期日通り確実に返済できる見込みがいかに高いかということが何よりも重視されます。となるとやはり、経済的にそれが可能な状況にあることが必須条件となってくるのです。

ほとんどのキャッシング・カードローン業者が申し込み条件として、《仕事をしていて、ある程度安定した収入があること》を挙げているのも、こうした理由からです。

ただし、安定収入さえあれば審査に通る、収入が高いほど審査に通りやすくなるのかと言えば、一概にそうとも言い切れません。

繰り返しになりますが、返済能力は様々な観点から複合的に評価されるからです。具体的には収入以外にも以下のような項目が、返済能力の評価に関わってきます。

  • 仕事の状況…勤務先の規模・雇用形態・勤続年数など
  • 本人の属性…年齢・固定電話の有無・他社借り入れの有無など
  • 家庭の状況…配偶者の有無・扶養家族の有無・持家か賃貸かなど

これらの様々な項目の総合評価がバンクイックの合格基準に届かなければ、たとえどんなに高収入でも返済能力に不安ありとみなされて仮審査で落ちてしまうことはあり得るのです。

ブラックは絶対NG!一瞬で審査結果を決める信用情報の重要性

もう1つ、仮審査の結果を決める重要なポイントになるのが信用情報です。

信用情報とは…

個人のキャッシングやカードローン、クレジットカードなど信用取引と呼ばれるサービスの利用歴を詳細にデータ化したもの。信用情報機関という専門の機関で登録・管理されている。

本人または信用取引を検討している企業であれば情報照会を行うことができ、キャッシング・カードローンの審査では必ずチェックされる。

この信用情報が、場合によっては一瞬で審査結果を決めてしまうこともあります。それは、ブラックだった場合です。

といっても、信用情報に《ブラック》と記載されているわけではありません。ブラックというのは、過去にキャッシングなどの借り入れに関してトラブルを起こしたことがある人を指す俗語です。

長期の返済延滞や債務整理など、何らかのトラブルがあって借金がきちんと完済できなかった場合、その事実が信用情報上に事故情報として記録されます。こうなると、信用情報を確認されればブラックであることは一目瞭然になってしまうのです。

ブラックの人は再び借り入れトラブルを起こす可能性が通常よりも高いとみなされてしまうため、バンクイックの仮審査に限らず、ほとんどの借入審査に通らなくなってしまいます。

審査というより最終確認?本審査の内容とは

返済能力にも信用情報にも問題がなく、無事に仮審査に通ることができると、次は契約手続きに進むことになります。意外に思われるかもしれませんが、実は、バンクイックの本審査はこの契約手続きのステップの中で行われるのです。

というのも仮審査に通って契約手続きをするという段階で初めて、利用者は運転免許証などの本人確認書類を提出することになります。借入額が200万円を超える場合には、源泉徴収票などの収入証明書類も必要になります。

つまり、この段階で初めて自己申告ではない個人情報を業者側に知らせることになるのです。したがって、ここで本審査として、本人が申告した情報と提出された書類の情報に誤りがないかを確認することになります。

小さなウソが命取り!?本審査でも油断禁物なワケ

本審査は、わかりやすく言えば、情報に間違いがなく契約をしても問題ないかを判断する最終確認のようなものなので、ここにきて審査結果が大きく変わるということは、あまりありません。

ただし本人が申告していた情報と提出された個人情報に重大な相違があれば、この段階で審査に落ち、借り入れができなくなってしまうという可能性も十分にあり得るのです。

少しでも審査に通りやすくしたい…という気持ちで、特に収入などは小さなウソを交えてしまいたくなるかもしれませんが、リスクを考えると決してそういったことはしない方が良いでしょう。

初心者にもぴったり!簡単・スピーディなバンクイック

バンクイックの仮審査と本審査の概要がおわかりいただけたでしょうか?

審査が2段階に分かれているとは言っても、すべての手続きの中で最も時間のかかる仮審査が最短30分程度で済むバンクイックは、相対的に見ればスピーディに融資が受けられるカードローンと言って差し支えありません。また、手続き自体も非常にシンプル・簡単で、初心者の方でも安心して利用することができます。

一度カードローンを利用してみたいと考えている方は、ぜひバンクイックを初めての借り入れ先として選んでみてはいかがでしょうか?

新着記事
TOPICS